日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

おなかのトラブル、最も起きやすいのは夏だった!

イベントが多く、トイレ探しに困ることも…

 鈴木 英子=ニューズフロント

 大幸薬品がまとめた「日本人のおなかのトラブル」に関する調査結果(調査期間:2015年3月24日〜3月26日)によると、2人に1人が夏は最もおなかのトラブルが起きやすいと実感しているという。夏ならではの生活習慣が体を内外から冷やし、下痢を誘発している可能性があると、同調査は指摘している。

下痢を起こしやすい季節は夏と冬

図1◎ 最も下痢になることが多い季節
夏が5割で最も多く、続いて冬が4割を占めた
[画像のクリックで拡大表示]

 15歳〜69歳の男女1200人に、下痢になることが多い季節を尋ねたところ、「夏」が50%と最も多く、次いで「冬」が40%、「春」が6%、「秋」が5%だった(図1)。また、回答者の約6割が、夏のおなかのトラブルを経験したことがあると答えた。

 夏に下痢になった経験がある人にその原因を聞くと、「冷房による冷え」(54%)が最も多かった。次いで「水・ジュース等の飲み過ぎ」(44%)、「アイスクリームなど冷たいものの食べ過ぎ」(38%)が続いた(図2)。

図2◎ 夏に下痢になった原因
冷房による冷えや冷たい物の取りすぎなど、夏特有の冷えが下痢の原因だった
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について