日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

トピックス

表示があるとつい買いたくなる食品成分第1位は?

食物繊維? 鉄分? カルシウム? ビタミンC? …

 鈴木 英子=ニューズフロント

 生活者の意識・実態調査を手がけるトレンド総研は、20歳代~50歳代の男女500人を対象に実施した「消費者の食品・飲料の購入動向」に関する調査(調査期間:2015年4月21日~22日)の結果を発表した。それによると、店頭で食品・飲料を購入する際に、パッケージなどに表示されている成分の種類や量がきっかけとなって商品を購入した経験がある人は71%に上った(図1)。

図1
7割の人が成分の種類や量がきっかけで購入したことがあると回答
[画像のクリックで拡大表示]

 成分を見て食品・飲料を購入するのはどんなときか尋ねると、最も多い回答は「普段からの習慣として」(50%)だった。次いで「疲労感があるとき」(34%)、「(食事の)栄養バランスが偏っていると感じたとき」(31%)が続き、成分の働きに期待して購入している様子がうかがえる。特に女性はその傾向が強く、「栄養バランスが偏っていると感じたとき」(36%)、「肌の調子がすぐれないとき」(19%)では男性の回答率(それぞれ24%と5%)を大きく上回った。


期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について