日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

熱中症、4人に1人が「家の中で」

「塩分を意識的に摂取」は半数どまり

 鈴木 英子=ニューズフロント

4割が「具体的な熱中症対策はしていない」

 キリンビバレッジは、全国の10歳代―60歳代の男女4966人を対象に、熱中症対策の意識調査を実施した。その結果によると、8割以上(83.0%)が熱中症対策の必要性を感じている一方で、4割以上(41.7%)が具体的な対策をしていない。また、熱中症対策をしている人でも、塩分摂取の意識が依然低いことが分かった。

 熱中症対策をしているかとの問いに対し、「対策をしている(こまめな水分補給・適切な室温調整・塩分を意識的に摂取など)」と答えた割合は58.3%、「対策の必要性は感じているが対策はしていない」は24.7%、「対策をしていないし、必要性も感じていない」は17.0%だった。

[画像のクリックで拡大表示]

 熱中症対策をしていない人にその理由を尋ねると、「暑い時間にあまり外出していないため」(35.6%)との回答が最も多かった。次いで「面倒くさいため」(25.0%)、「自分には特に必要ないと思うため」(22.3%)が続き、熱中症を他人ごととしてとらえている様子がうかがえる。

[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について