日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 「グルテンフリー・ダイエット」とは? 減量法でも健康法でもない?
印刷

トピックス

「グルテンフリー・ダイエット」とは? 減量法でも健康法でもない?

減量法と思っている人も多いが、実は…

 渡辺満樹子=ライター

 テニスのノバク・ジョコビッチ選手など、海外のアスリートたちが取り入れて話題になり、日本でも耳にするようになった食事法「グルテンフリー」。最近ではグルテンフリー対応の食品やレストランもちらほら見かけるようになったが、そもそもグルテンフリーはどんなもので、どんな人に向くのだろうか? 治療の現場で患者にグルテンフリーを勧めることもあるスクエアクリニック(川崎市)の本間良子院長に聞いた。

グルテンフリーは、小麦製品などグルテンを含む食品を避ける食事法。誰にどんな効果があるの?(c)loganban-123rf

グルテンフリーは減量法や健康法ではない

 グルテンとは小麦やライ麦、大麦などに含まれる、粘り気のもとになるたんぱく質のこと。パンやパスタ、うどんのほか、カレーのルウやホワイトソース、ケーキやクッキーといった洋菓子など、小麦などを使った食品や料理に含まれる。このグルテンに対して過敏に反応する人がいて、グルテンがそうした人たちの慢性的な疲れや不調の原因になっていることが分かってきた。そこで登場した、グルテンを避ける食事法(英語でダイエット)がグルテンフリーだ。

 「グルテンフリー・ダイエット」などと言われるため、やせることを目的とした減量法と誤解している人も多いようだが、そうではない。また、欧米のモデルやセレブなどが不調改善や体形維持などのために取り入れていることなどから健康法の一つと思っている人も多いが、健康な人が実践して何らかの効果があるという科学的根拠はない。

「セリアック病」や「グルテン不耐症」のための食事法

 そもそも欧米でグルテンフリーが広がったのは、グルテンに対する過敏症を介して生じる自己免疫疾患「セリアック病」の治療法として知られたことがきっかけだ。米国ではセリアック病患者は約300万人、133人に1人が患者といわれている(*1)。セリアック病はグルテンをとることで小腸の免疫システムが反応して炎症を起こし、自らの腸壁を破壊して消化・吸収不良を起こす病気で、遺伝的な要因が大きいとされている。

 本間院長によると、グルテンが原因となって引き起こされる症状には、ほかに「グルテン過敏症」「グルテン不耐症」などがある。グルテン過敏症はグルテンに対するアレルギー反応。グルテン不耐症はグルテンを消化する酵素が不足するか、十分に機能していない状態のこと。グルテン過敏症や不耐症の人がグルテンをとると、小腸の粘膜が炎症を起こす(過敏症)、あるいは消化異常で体が必要とする栄養素が十分に吸収されにくくなる(不耐症)ために、様々な不調の原因となるという。

*1 NCDD_04272009_ResearchPlan_DiseasesofStomachSmallIntestine.pdf

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.