日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 突然発生する急性大動脈解離、救命は時間との闘い  > 2ページ
印刷

トピックス

突然発生する急性大動脈解離、救命は時間との闘い

高血圧のある人は要注意

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 解離が始まるとほとんどの人が、それまでに経験がないほどの激痛を感じます。解離部分が広がるにつれて、痛む範囲が、たとえば胸から背中へ、さらに腰へと移動することもあります。解離が止まれば痛みは消えますが、引き続いて、命に関わるような深刻な合併症が発生する危険性があります。痛みが強いことは広く知られていますが、症状を感じない患者も5%強存在するという報告があります。

 解離部分の直径が拡大して瘤が形成された場合には、これを解離性大動脈瘤と呼びます。

 大動脈解離がなぜ、どのようにして発生するのかについては、いまだ不明な点が少なくありません。

【大動脈解離の合併症】心臓の動きを急速に妨げることも

 解離領域の大動脈の壁は、外膜だけで維持されています。そこに血圧がかかると、外膜が破れて出血することがあります。大動脈の分岐部分やその近辺に解離がおこると、分岐血管が狭くなったり詰まったりして、そこから先に血液が流れにくくなり、心筋梗塞脳梗塞が発生します。解離が心臓との接続部分まで広がると、急性心不全になる可能性があります。

【大動脈解離の診断】主にCTスキャンが用いられる

 診断には、大動脈全体を評価でき、緊急時に短時間で検査可能なCTスキャンが主に用いられます。

【大動脈解離の治療】上行大動脈に発生した場合は緊急手術

 大動脈解離が発生した位置によって、命に関わるのかどうか、すぐに手術が必要か否かは異なります。また、発症後2週間の急性期(発症後の48時間を超急性期と呼ぶこともあります)と、それ以降の慢性期では、治療の選択肢が異なります。

解離が発生した位置に基づく分類とそれぞれの特徴
スタンフォードA型スタンフォードB型
解離が発生する範囲上行大動脈を含む下行大動脈以下
発症割合*62.3%37.7%
病院到着前の死亡に占める割合**
(解離型不明が26%)
67%7%
院内死亡(入院患者の死亡率)*34.9%14.9%
入院患者の発症から1カ月以内の死亡率(手術なしの場合)*24時間以内;20%
48時間以内;30%
1週間以内;40%
1カ月以内;50%
1カ月以内;10%以下
急性期(発症から2週間)の治療原則としてただちに手術(人工血管に置換など)合併症がなければ、内科的な治療(強力な血圧管理、安静など)
慢性期の治療症状が安定していれば内科的治療
再発予防・血圧の厳格な管理
・激しい運動、相手とぶつかり合うようなスポーツ、重いものを持つといった行為を避ける
・定期的にCT検査を受けて大動脈の直径を計測
*急性大動脈解離の国際多施設共同登録試験(IRAD)の報告. Peter G. Hagan, et al. The International Registry of Acute Aortic Dissection (IRAD): New Insights Into an Old Disease. JAMA. 2000;283(7):897-903.
** 村井達哉. 大動脈解離と突然死-東京都監察医務院における1,320剖検例の統計的研究-.日法医誌. 1988;42:564–577.

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.