日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > ピチカート・ファイヴ野宮真貴さんがハマってる「フィトテラピー」とは?
印刷

トピックス

ピチカート・ファイヴ野宮真貴さんがハマってる「フィトテラピー」とは?

日経Goodayプレゼンツ「WOMAN EXPO TOKYO 2015」リポート~野宮真貴さん

 山本裕美子=フリーライター

5月23、24日、東京ミッドタウンで「WOMAN EXPO TOKYO 2015」が開催され、23日のプログラムでピチカート・ファイヴの3代目ヴォーカルでフィトテラピストの野宮真貴さんが登壇。「女性力アップの『恋するカクテル、恋する音楽』」をテーマに、自身が勉強しているフィトテラピーや体によいお酒「フィトカクテル」について話した。

ナチュラルに健康になれる「フィトテラピー」

 「日経Gooday」プレゼンツのこのトークイベントでは、初めに日経Gooday編集長の米田勝一の挨拶のあと野宮さんが登場。参加者にはダマスクローズで作った「フィトカクテル」が振る舞われ、ローズのよい香りがただよう中、フィトテラピーに関する野宮さんの話が始まった。

観客に振る舞われたダマスクローズで作った「フィトカクテル」
[画像のクリックで拡大表示]

 「フィトテラピー」という言葉を初めて聞く人もいるかもしれないが、野宮さんによると、これは植物療法のこと。フィトは植物、テラピーは療法を意味する。植物の持つ薬理効果を使った自然療法のことを指し、漢方もその一種だという。

 「みなさんもハーブの持つ効果を選んでハーブティーを飲んだりすると思いますが、フィトテラピーはそれよりさらに専門的な知識を学び、体の症状に合わせたハーブをミックスして煎じて飲んだり、アロマオイルでマッサージしたりと、香りによる精神的なサポートを行うものです。つまり、『飲む』『塗る』『嗅ぐ』というのがフィトテラピーの基本なのです」

更年期をきっかけにフィトテラピーの勉強を開始

 野宮さんがフィトテラピーの勉強を始めたのは4年前。きっかけは更年期を迎えたことで、「ナチュラルで副作用のない自然療法で、体の不調を改善できるものはないか」と探す中でフィトテラピーに出会ったという。

フィトテラピーについて語る野宮真貴さん
[画像のクリックで拡大表示]

 「ヨーロッパでは古くから植物の持つ薬理効果を使って、人が本来持っている自然治癒力を高め、体の不調や気分の落ち込みの解消、病気の予防などに役立てています。パリには130年以上の歴史をもつ『グランド・エルボリストリ』などハーブ薬局が何軒かあり、手ごろな値段でハーブやサプリメントを購入できるので、みなさんも、パリを訪れた際にはぜひハーブ薬局をのぞいてみてください!」

 野宮さんはさらに、「気分を上げること」の大切さを強調した。「先月パリを訪れた際は、靴をたくさん買いました。私にとって靴は、気分を上げるもののひとつです。健康に気を使う人はたくさんいるけれど、気分を上げることを意識している人は意外と少ないですよね。でも、私は健康だけじゃイヤで、ハイヒールをはいたり赤い口紅をつけたりして気分を上げることも、人生を楽しむために大事なことだと思います。おしゃれなどして気分を高揚させ、体の細胞が喜ぶのを実感するのが一番の健康法じゃないかって…」。

 次ページでは、そんな野宮さんおすすめの、気分を上げてくれる方法を紹介しよう!

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.