日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

トピックス

30代は“ダイエットの曲がり角”! 9割が「脂肪落ちづらい」

アラサー以上のダイエットは「体重」よりも「体型」重視

 鈴木英子=ニューズフロント

 大鵬薬品は、「30代からのダイエット」をテーマに実施した意識および実態調査(調査期間:2016年4月20日~21日)の結果を発表した。それによると、女性は脂肪が落ちにくくなる30歳以降のダイエットでは「体重」より「体型」を意識し、痩せたら着ようと思っている服が5着以上ある。

 ダイエットに取り組んでいる/取り組みたいと考えている30~50代の女性500人に、30代に入ってからの体の変化について尋ねたところ、ほとんど(93%)が「10~20代と比べて脂肪が落ちづらくなってきた」と答えた。

脂肪が落ちづらい部位は?

 脂肪が落ちづらいと感じる部位は「ウエスト」(69%)がトップで、以下「太もも」(52%)、「体全体」(43%)、「ヒップ」(39%)、「二の腕」(38%)と続いた(図1)。

図1◎ 脂肪が落ちづらいと感じる部位は
[画像のクリックで拡大表示]
図2◎ ダイエット成功の目安として優先するのは
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイエットを始めたきっかけは「アラサーになり、いわゆる“ドラム缶体型”になってきたこと」(30歳)、「40歳過ぎてから下半身が太くなり、服が入らなくなったこと」(44歳)など、体型の変化に関する悩みが聞かれた。

 ダイエット成功の目安として優先することは、「目標体型になること」(52%)が「目標体重になること」(41%)を上回った(図2)。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について