日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

トピックス

「食べてはいけない」と思うほど、食べたい“動物脳”が暴れる

最新研究で分かった、ダイエットに失敗しない脳のクセ攻略法(前編)

 日経ヘルス編集部

 「ダイエットは食事が9割」といわれるが、「食欲をガマンする」のは、人間の「脳のクセ」を考えると、実はとても過酷な戦いであることが分かってきた。
 今回から2回に分けてお送りする、「ダイエットに失敗しない脳のクセ攻略法」。まずは、“脳のクセ”に詳しい都立駒込病院脳神経外科の篠浦伸禎部長への取材から、ダイエットに成功するための脳のクセ攻略法を探った。

 「食欲や性欲など本能にかかわる欲求は、“動物脳”によるもの。非常にエネルギーが強く、生存を脅かすようなストレスがかかると暴走しやすい。この“動物脳”をコントロールするには、知識や情報を冷静に処理して判断する“人間脳”を適切に働かせるアプローチが必要」と、脳神経外科医で、脳のクセに詳しい篠浦伸禎さんはいう。

 ダイエットで結果を早く出そうとして食事を急に減らしたり抜いたりするとますます食べたくなるのは、動物脳が暴走している状態。食事量を少しずつ減らす、血糖値が急激に上がらない食事に変更するなど、“動物脳”にかかるストレスが小さいダイエット法を選ぶほうが、「食べたい」気持ちは抑えられる。

 「食べたい」という“動物脳”の働きに対して、「食べるべきではない」という“人間脳”の判断とのどちらを実行するかをコントロールしているのは、「大脳辺縁系と大脳新皮質の間にある、帯状回(たいじょうかい)という部分。脳全体の“司令塔”として自我と強く関係し、集中力や気づき、洞察力などもここの働きによるもの。大人になるにつれて徐々に発達するが、使い方によってさらに鍛えることもできる」(篠浦さん)。

図◎ 動物脳・人間脳と司令塔(=帯状回)の位置関係
「食べたい」という欲求や、不安や恐れといった感情は、脳の内側にある大脳辺縁系(扁桃体)から生まれる。この本能的で原始的な“動物脳”に対して、進化した“人間脳”が集めた様々な情報を処理し、「ダイエット中だから食べてはいけない」などと判断する。この“動物脳”と“人間脳”の間にあって、脳全体の“司令塔”的な役割を果たすのが、帯状回(たいじょうかい)。いま自分が何をしているのかなど、自分の状態を常にモニターしている部分で、集中する、観察するなども、帯状回の機能。(イラスト:三弓素青)
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について