日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

エボラ出血熱、国内7例目となる疑い例

患者は福岡県の医療機関に入院

 三和 護=日経メディカル

感染疑いのある患者は5月4日まで西アフリカのギニアに滞在していた。(©David Carillet-123rf)

 厚生労働省は5月18日、福岡県内において、エボラ出血熱の感染疑いがある患者が確認されたと発表した。患者は福岡県の医療機関に入院しており、エボラ出血熱の感染を確認するため、患者の検体は国立感染症研究所に向けて搬送された。夕刻にも結果が判明する見込み。疑い例で検査が行われるのは、国内で7例目となる。これまでの6例は全て陰性だった。

 患者は40代男性の日本人で、5月4日まで西アフリカのギニアに滞在していた。5月9日に帰国。その後、検疫所において毎日2回の検温などの健康監視が行われてきた。帰国後9日目となる5月18日午前3時に、頭痛、背中の痛み、38.6度の発熱を訴えたことから福岡県内の病院に入院となった。本人によると、エボラ出血熱患者との接触はないという。

<参考>
リスクに応じた個人防護具
(日経メディカル特集◎日常診療に潜む危険《エボラウイルス病》から)

[画像のクリックで拡大表示]
この記事は、日経メディカルからの転載です。
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について