日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

歩くことは生きること! 50歳を過ぎたら「足のメンテナンス」を

下北沢病院に日本初の「足病総合センター」、ウオノメから“足の心筋梗塞”にまで対応

 内山郁子=日経Gooday

下北沢病院(東京都世田谷区)に「足病総合センター」が開設されたのは2016年7月のこと。日本で初めての「足の総合病院」として、皮膚科、形成外科、整形外科、リハビリテーション科など、様々な専門領域の医師らが集結して診療に当たっている。センターの開設に尽力した、同病院の理事長で皮膚科医の久道勝也氏と、院長で形成外科医の菊池守氏に、足の総合病院が誕生した経緯や、どんな病気を診てもらえるか、「足医者」をどう活用すればいいかを聞いた。

米国の「足医者」を日本に導入

下北沢病院に「足病総合センター」を設置したのは久道理事長の立案によるそうですが、足の専門病院を作ろうと思ったのはなぜですか。

久道勝也(理事長) あまり知られていませんが、米国には、足を専門に診る「足病医」(ポダイアトリスト)という医師がいます。日本でも、心身を診る「医師」と、歯を診る「歯科医師」が、独立した存在として診療を行っていますよね。加えて、米国では足病医が、足を診ることに特化した医師として働いています。

 米国では、足病医が「町の足医者さん」としてクリニックを開いているほか、病院に勤務して他の医師と共同で足の病気を診療しています。創傷センターでは足病医を中心に、皮膚科、形成外科、整形外科、リハビリテーション科など、複数の領域の医師が集結して診療に当たることもあります。

下北沢病院の「足病総合センター」開設に尽力した、同病院の理事長で皮膚科医の久道勝也氏

 僕が足病医の存在を知ったのは十数年前、米国のジョンズ・ホプキンス大学で老人内科の大権威である医師の助手についたときでした。その医師は自分の外来に来た患者さんを診察する際に、必ずといっていいほど足病医に診察を依頼するのです。足病医は靴下を脱がせて足を見て、足がどうなっているか、変な傷はできていないか、おかしなところにタコができていないか、爪が食い込んでいないかなどをチェックし、治療すると同時に老人患者の歩行状態の確認をします。

 なぜ、足病医に診察を依頼するのかというと、老人内科の医師には分かっているのです。「歩行ができなくなると、いきなり生活の質(QOL)全体が崩れてしまう」ということを。

 例えば、糖尿病で足が壊疽(えそ:腐ること)を起こし、切断を余儀なくされる場合があります。足の切断によって歩けなくなってしまう。すると、5年後には3割の人しか生き残っていません。まさに「歩くことは生きること」なんですね。また、高齢になって足が弱ってくると、筋肉の量が減って体の機能が衰える「サルコペニア」、さらには心身が弱って様々な病気や要介護状態になりやすくなる「フレイル」という問題が出てきます。

 日本は、これから高齢化がますます進みますし、足のトラブルを抱えやすい糖尿病の患者数も増えています。「足の専門病院」に対するニーズが高まっているんです。そこで、米国の足の専門病院で行われている診療体制を、そのまま日本に“輸入”しようと考え、形成外科や血管外科など様々な診療科の「足を診るスペシャリスト」に声をかけて、「足病総合センター」を立ち上げたのです。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について