日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

セカンドオピニオン、受けたいけど方法が分からない

セカンドオピニオンの認知度は9割を超えるも、3割は「受けることができないと思う」

 鈴木 英子=ニューズフロント

 健康・医療に関する電話相談などを手掛けるティーペックは、セカンドオピニオンに関する意識調査(調査期間:2015年4月3日~5日)の結果を発表した。それによると、セカンドオピニオンの認知度は9割を超え、大多数が利用したいと考えているものの、実際にどのように受ければいいか知られていない傾向がある。

図1◎ セカンドオピニオンを知っているか
セカンドオピニオンを知っているか
[画像のクリックで拡大表示]

 20歳代~60歳代の男女3000人に、セカンドオピニオンを知っているか尋ねたところ、「言葉も意味も知っている」は63%、「言葉だけは知っている」は29%で、全体の認知度は92%にのぼった(図1)。また88%が、大きな病気で手術が必要と診断された場合にセカンドオピニオンを受けたいと答えた。

 セカンドオピニオンを受けたいと思う理由は、「他に治療方法がないか聞きたいから」が最も多く、「主治医の治療方針が正しいかどうか確認したいから」「医療事故・医療ミスを避けたいから」が続いた(図2)。

図2◎ セカンドオピニオンを受けたいと思う理由
セカンドオピニオンを受けたいと思う理由
[画像のクリックで拡大表示]

 セカンドオピニオンを受けるにあたり重視することは、「医師の技術の高さや知識・経験の豊富さ」「医師の話しやすさ」「相談する時間を十分にとってくれること」がトップ3に挙げられた(図3)。

図3◎ セカンドオピニオンを受けるにあたり重視すること
セカンドオピニオンを受けるにあたり重視すること
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について