日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 大腸がん検診で受ける検査の長所・短所は?  > 2ページ
印刷

トピックス

大腸がん検診で受ける検査の長所・短所は?

40歳を過ぎたら年1回検診で早期発見を

 大西淳子=医学ジャーナリスト

全大腸内視鏡検査

診断精度が非常に高い全大腸内視鏡検査。(©Rüdiger Rebmann-123rf )

 大腸すべてを内視鏡で観察する方法で、がんやポリープに対する診断精度が非常に高いのが特徴です。観察と同時に大腸の粘膜の細胞を採取し、詳しく調べることもできます。担当医の技術や経験の差などによって、苦痛が大きいときとそうでないときがあります。まれではありますが、検査前に2リットル程度の腸管洗浄液を飲むことによって、または内視鏡によって、腸管が傷つくといった事故が起きる可能性があります。

 日本消化器内視鏡学会が行った調査によると、2003年から2007年までの5年間の事故の発生頻度は0.078%で、検査関連の死亡率は0.00082%でした(*2)。一方で、検査の感度(その病気の人が正しく陽性と判定される割合)は非常に高く、95%以上と報告されています。

注腸X線検査

 便潜血検査で陽性になったけれど内視鏡検査はちょっと、という人に勧められる検査です。肛門からチューブを挿入してバリウムと空気を注入し、大腸の全部位のX線写真を撮影して病変を探します。全大腸内視鏡検査に比べると精度は劣ります。細胞を採取することができないため、問題が見つかったら、内視鏡検査を受けることになります。注入されたバリウムと空気でおなかが張ったり、バリウムのせいで便秘したりすることがあります。X線検査なので、わずかですが医療被曝が生じます。

S状結腸内視鏡検査

 人間ドックで便潜血検査と併用されることが多い検査です。大腸のなかでがんが発生しやすいS状結腸と直腸(肛門から20~30cmの範囲)を内視鏡で検査するもので、全大腸内視鏡検査に比べ苦痛が少ない代わりに、S状結腸よりも上(小腸側)は検査の対象にはなりません。

バーチャル大腸内視鏡検査(大腸CT検査、仮想大腸内視鏡検査、CTコロノグラフィ検査、大腸3D-CT検査とも呼ばれる)

 CTスキャンによって大腸を撮影し、内視鏡検査で得られると同様の3次元画像を短時間(10分程度)のうちに得る方法です。下剤は使いますが使用量は少なく、実際に内視鏡を用いる検査に比べ、事故が発生する危険性はわずかです。内視鏡では見えにくい腸のヒダの裏も確認できるという利点がある一方で、病変の色や硬さはわからず、組織の採取はできません。平らな病変など、検出しにくい病変もあります。医療被曝は避けられません。とはいえ、大腸以外の臓器についても情報が得られるという利点もあります。ただし、病変が見つかったら、やはり内視鏡検査が必要になります。

 大腸に何らかの問題があり検査が必要となったけれど、通常の内視鏡検査は困難(腸の癒着などにより腸の曲がりが強く、内視鏡の挿入が困難で危険を伴うと判断された患者や慢性疾患がある患者、高齢者など)と見なされた人には保険が適用されます(3割負担でおおよそ7000~8000円程度。全大腸内視鏡検査と同等)。

*2 消化器内視鏡関連の偶発症に関する第5回全国調査報告 ―2003年より 2007年までの5年間―. 日本消化器内視鏡学会誌. 2010;52(1):95-103.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/gee/52/1/52_1_95/_pdf

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.