日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

大腸がん検診で受ける検査の長所・短所は?

40歳を過ぎたら年1回検診で早期発見を

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 日本人に急増している大腸がんですが(関連記事「胃がん・肺がんを抜いて患者数1位へ 増える大腸がんの実態」)、早期に発見されれば治る可能性が高く、便潜血検査を中心とした大腸がん検診を定期的に受けていれば、大腸がんによる死亡率は低下することがわかっています。早期の大腸がんには症状はないので、40歳を過ぎたら年1回検診を受けることが推奨されています。

大腸の解剖学

 大腸の構造と大腸がんの部位による名称は下図をご覧ください。日本人の大腸がん患者の場合、最も多いのが直腸がんで、大腸がん全体の35%を占めます。続いてS状結腸がん(34%)、上行結腸がん(11%)、横行結腸がん(9%)、盲腸がん(6%)、下行結腸がん(5%)となっています(*1)。

大腸がんの部位による名称と症状(大腸癌研究会編『患者さんのための大腸癌治療ガイドライン 2014年版』より)
[画像のクリックで拡大表示]

がん検診の目的

 がんを早期に発見し、適切な治療を行う機会を提供し、がんによる死亡を減らすことが目的です。大腸がん検診に広く用いられている便潜血検査は安全で、実際に大腸がんによる死亡を減らせることが確認されています。

便潜血検査

 がんやポリープなどからのわずかな出血を検出します。人の血液のみを検出するため、検査前の食事制限は不要です。安全、簡単、安価で、一般の人々を対象とする検診方法として非常に優れています。この検査を受けると10人に1人弱が陽性になります。それらの人には、精密検査として主に全大腸内視鏡検査が勧められます。

*1 日本医師会 知っておきたいがん検診 大腸がんとは
https://www.med.or.jp/forest/gankenshin/type/largeintestine/what/
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について