日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 大腸がん検診で受ける検査の長所・短所は?
印刷

トピックス

大腸がん検診で受ける検査の長所・短所は?

40歳を過ぎたら年1回検診で早期発見を

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 日本人に急増している大腸がんですが(関連記事「胃がん・肺がんを抜いて患者数1位へ 増える大腸がんの実態」)、早期に発見されれば治る可能性が高く、便潜血検査を中心とした大腸がん検診を定期的に受けていれば、大腸がんによる死亡率は低下することがわかっています。早期の大腸がんには症状はないので、40歳を過ぎたら年1回検診を受けることが推奨されています。

大腸の解剖学

 大腸の構造と大腸がんの部位による名称は下図をご覧ください。日本人の大腸がん患者の場合、最も多いのが直腸がんで、大腸がん全体の35%を占めます。続いてS状結腸がん(34%)、上行結腸がん(11%)、横行結腸がん(9%)、盲腸がん(6%)、下行結腸がん(5%)となっています(*1)。

大腸がんの部位による名称と症状(大腸癌研究会編『患者さんのための大腸癌治療ガイドライン 2014年版』より)
[画像のクリックで拡大表示]

がん検診の目的

 がんを早期に発見し、適切な治療を行う機会を提供し、がんによる死亡を減らすことが目的です。大腸がん検診に広く用いられている便潜血検査は安全で、実際に大腸がんによる死亡を減らせることが確認されています。

便潜血検査

 がんやポリープなどからのわずかな出血を検出します。人の血液のみを検出するため、検査前の食事制限は不要です。安全、簡単、安価で、一般の人々を対象とする検診方法として非常に優れています。この検査を受けると10人に1人弱が陽性になります。それらの人には、精密検査として主に全大腸内視鏡検査が勧められます。

*1 日本医師会 知っておきたいがん検診 大腸がんとは
https://www.med.or.jp/forest/gankenshin/type/largeintestine/what/

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.