日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

日本郵政とIBM、Appleが日本の高齢者向けサービスを展開

2015年度下期に実証実験開始

 小谷 卓也=日経デジタルヘルス

 日本郵政グループと米IBM社、米Apple社は、2015年4月30日に米国ニューヨークでトップ会談を実施、日本における高齢者向けサービスの実証実験を共同で行うことで合意した。実証実験は2015年度下期に開始、2016年度からの本格展開を目指す。

日本郵政とIBM、Appleが日本の高齢者向けサービスを展開
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験は、日本郵政グループの日本郵便が「みまもりサービス」を展開している地域などから選定した地域の高齢者を対象にiPadを配布。各種ネットサービスの提供や郵便局社員などによる生活サポートサービスの支援を行う。

 配布するiPadには、IBM社が開発したアプリケーションや自然言語解析技術などを組み込む。アプリケーションは、薬を飲む時間や運動、ダイエットのお知らせ、コミュニティー活動、食料雑貨の買い物支援、就業支援などの各種サービスに直接アクセス可能なもので、高齢者向けに開発した。また、自然言語解析技術を応用することで、高齢者に対するガイダンスや自然なアプリケーション体験を提供する。

 日本郵政グループは、全国2万4000の郵便局ネットワークを活用し、日本の高齢者層の生活サポートを拡充していく考え。前述の「みまもりサービス」と連携し、サービスを段階的に増やしながら、2020年には400万~500万人規模の利用者への提供を目指す。


この記事は、日経デジタルヘルスからの転載です。
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について