日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

翌日が休みなら、医師もやっぱり寝だめする

平日の睡眠時間、50歳代までは「5~6時間」が最多

 内山郁子=日経メディカル

 総務省統計局が5年ごとに行っている社会生活基本調査(最新は2011年)によると、日本人の平均睡眠時間は7時間59分。平日よりも土曜日、日曜日の方が平均睡眠時間は長い(それぞれ、7時間44分、8時間18分、8時間35分)。平日の睡眠不足を補うために土日に長く寝るという、いわゆる「寝だめ」を、多くの日本人が行っている証左だろう。

 睡眠医学の観点からは、寝だめは睡眠リズムを乱し、不眠の引き金になるとされている。とはいえ、普段から寝不足なら、やはり休前日はゆっくり寝たいのが人情。そこで今回の「医師1000人調査」では、医師の睡眠時間を平日と休前日に分けて聞いてみた。

 選択肢として示した睡眠時間は、(1)3時間未満、(2)3~5時間、(3)5~6時間、(4)6~7時間、(5)7~8時間、(6)8時間以上──の6つ。すると、平日は「5~6時間」が最多だが、休前日は「6~7時間」が最多になった。休前日は「3~5時間」「5~6時間」が減り、「7~8時間」「8時間以上」が増えた(図1)。医師もやっぱり寝だめするのだ。

図1 平日と休前日の睡眠時間は?

 次に、回答者の年代を「20~30歳代」(n=724)、「40歳代」(n=975)、「50歳代」(n=1151)、「60歳以上」(n=407)に分けて、平日の睡眠時間を表示してみた(図2)。すると、50歳代までは平日の睡眠時間は「5~6時間」が最多だが、60歳以上では「6~7時間」が最多になった。20~30歳代では1割強(12.6%)、40歳代でも約1割(9.5%)が、平日は3~5時間しか寝ていないのは他人事ながら心配になってしまう。一方、一般には長く眠っていられなくなるとされる60歳以上でも、8時間以上寝ている人の割合は他の年代と差がなく、7~8時間睡眠の割合はむしろ多い傾向があった。

図2 平日の年代別睡眠時間は?

 医師の睡眠状況についての自由意見では、当直に関連した意見が100件を超えて寄せられた。「当直に加え、突然の呼び出しがあるから睡眠リズムは安定しない」(50代女性、病院勤務医、麻酔科)、「当直があると、2~3日は睡眠のリズムがバラバラで、疲れも取れません」(40代男性、病院勤務医、消化器内科)など、当直の影響で睡眠リズムが乱れるという意見が多かった。

 また、「いわゆる『当直』と呼ばれる昼夜連続勤務があり、極めて睡眠に関しては状況が悪い。いまだにこのような労働状況が残っているのは医師だけであり、早急に改善しなければいけない」(50代男性、病院勤務医、小児科)、「当直翌日の帰宅の法制化が必要」(40代男性、病院勤務医、小児科)など、当直制度そのものの見直しを求める意見もあった。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について