日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

新たながん患者は前年比10万人増、国立がん研究センター予測

2015年の予測されるがん罹患数、死亡数を公表

 鈴木英子=ニューズフロント

 国立がん研究センターのがん対策情報センターは、2015年のがん統計予測データを発表した。今年新たにがんと診断される数(罹患数)は推計98万2100例で、2014年の予測値から約10万例増加。今年がんで亡くなる人は推計37万900人で、2014年予測値を4000人上回る。

図1◎ 2015年がん罹患数予測(男女合計)
2015年がん罹患数予測(男女合計)
[画像のクリックで拡大表示]

 前年と比べた罹患数の増加は、高齢化の進行とがん登録の精度向上が要因と考えられる。男女別の罹患数は、男性が56万300例、女性が42万1800例と予測される。

罹患数は前立腺がんが順位を上げると予測

 男女合わせた部位別では、大腸がんと前立腺がんが増加。昨年3位だった大腸がんが13万5800例でトップに立ち、次いで肺がんが13万3500例、胃がんが13万3000例で続いた。昨年は1位が胃がん、2位が肺がんだった。前立腺がんは昨年5位から4位になり、乳がんと順位が入れ替わった。

 男性では前立腺がんが最多で、胃がん、肺がんと続く(2014年予測では、胃がん、肺がん、前立腺がんの順)。女性は1位が乳がん、2位が大腸がん、3位が肺がんとなる(2014年予測値では乳がん、大腸がん、胃がんの順)。

図2◎ 2015年がん罹患数予測(男女別)
2015年がん罹患数予測(男女別)
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について