日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

トピックス

Fitbitが新ウエアラブル端末、心拍計測機能を搭載

Apple Watchに対する優位性にも言及

 赤坂 麻実=日経デジタルヘルス

 ウエアラブル活動量計のベンチャーである米Fitbit社は2015年4月24日、腕時計型の心拍計/活動量計「Fitbit Charge HR」を、日本市場に投入する。心拍数と活動量(歩数、移動距離、登った階数、消費カロリー)を計測でき、有機ELディスプレーに計測データや時刻を表示する。内蔵のリチウムポリマー電池で、最長5日間の連続計測が可能という。

Fitbit Charge HRを装着した「オールスタープロチアリーダーズ」も駆けつけた華やかな記者発表会で、日本市場にブランドをアピールした。
[画像のクリックで拡大表示]

 心拍計測機能は、同社が3年前から独自に開発してきた「PurePulse」と呼ぶ技術で実現した。LEDの光を照射して血流量の変化をセンシングし、アルゴリズムを使って心拍値を算出するという。睡眠中や運動中を含めて24時間、自動的に計測し続け、データを蓄積する。

Fitbit Charge HR。ブラック、プラム、ブルー、タンジェリンの4色があり、ブラックとプラムを4月24日に発売。ブルーとタンジェリンは今夏発売の予定だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 睡眠については、自動計測が可能になった。これまでの機種では、本体を指先でタップするなど、睡眠計測の開始/終了をユーザーが操作する必要があったが、Charge HRは自動で睡眠を感知する。活動量の計測機能やアプリ側に備えた食事の記録機能は、同社がこれまでに発売してきた機種と同様(関連記事)。

 計測データは、Bluetooth4.0経由でパソコンやスマートフォンに送信する。同期範囲は6m。iOS、Android、Windowsのスマートフォン合計120機種以上に対応している。スマートフォンへの着信を、Charge HRが振動とディスプレー表示で通知する機能も盛り込んだ。オープン価格だが、市場想定価格は2万円(税別)前後。


日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について