日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

健康的な食生活、40代は「自信なし」

運動時の水分補給、積極的な栄養素摂取をしないことが明らかに

 鈴木 英子=ニューズフロント

 アンケートサイト「アイリサーチ」を運営するネオマーケティングは、働く男女の健康意識に関する調査結果(調査期間:2015年3月19日~20日)を発表した。それによると、男女とも40歳代は健康的な食生活を送っている自信が低いことがわかった。

 首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に住む20歳代〜60歳代の仕事をしている男女300人に、外食することが多いと思うか尋ねたところ、「多い」と答えた割合は女性では20歳代が、男性では30歳代が最も高かった(図1)。

図1◎ 外食することが多いと思うか(年代別)
「あなたは外食することが多いと思いますか」に対する年代別の回答。
[画像のクリックで拡大表示]

 女性は20歳代の53.3%をピークに、30歳代は33.3%、40歳代は26.7%、50歳代は20.0%、60歳代は6.7%と、年代が上がるごとに外食が少なくなる傾向が見られる。

 一方、男性は20歳代の43.3%から30歳代で56.7%に上昇し、40歳代は20.0%と一気に減少する。50歳代で33.3%と再び外食の機会が増え、60歳代は10.0%にとどまる(図2)。

図2◎ 健康を意識した食生活を送っていると思うか
「あなたは健康を意識した食生活を送っていると思いますか」に対する年代別の回答。
[画像のクリックで拡大表示]

 健康を意識した食生活を送っていると思うかとの質問に対しては、全体の約半数が「送っている」と答えた。男女とも40歳代が他の年代より「送っている」の割合低く、4割を下回る(男性36.7%、女性33.3%)。外食が少ない男性60歳代(66.7%)、女性50歳代(60.0%)、女性60歳代(60.0%)は健康的な食生活を送っている意識が高く、外食が多い20歳代女性(60.0%)も同様の意識の高さを示している。

 また、運動時などの水分補給の際に、摂取を心がけている栄養素を挙げてもらったところ、過半数(56.3%)が「摂取を心がけている栄養素がない」と答えた。心がけている人の回答では、「ミネラル」(21.7%)、「ビタミンC群」(20.3%)、「アミノ酸」(18.3%)が上位に挙げられた(図3)。

図3◎ 水分補給の際に摂取を心がけている栄養素
「あなたが(運動時などの)水分補給の際に、摂取を心がけている栄養素をお教えください」に対する回答(複数回答)。
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について