日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス

肩こり解消のためのストレッチは「静」より「動」で

人気トレーナー・中野ジェームズ修一さん直伝 肩こり解消テク

 松尾直俊=ライター

 30~40代になると徐々に感じ始めるのが、20代の頃とは違う体の感覚。人の体は、何も運動をしないでいると20代をピークに加齢とともに筋肉量が徐々に減っていくといわれる。これはサルコペニア(筋肉減少症:加齢とともに筋肉の量が減少していく老化現象)と呼ばれ、誰の体にも起こること。それが体力や代謝の低下の原因となる。放置すれば、どんどん筋肉の量は減り、同時に柔軟性も失われていく。

その肩こり、運動不足による筋力低下が原因かも

 「特に30代のビジネスパーソンは、責任ある仕事を任されるようになりますよね。するとオフィスでのパソコン作業に会議、移動中のスマートフォンの使用など、休む暇なく同じ姿勢を続けることになります。そのため肩や首などにコリを感じる方が多いようです」

 こう語るのはトップアスリートから健康意識の高い非アスリートまで、様々な層を対象に体づくりをサポートしているフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さん。体力面だけでなく、メンタル面の指導もできる日本では数少ないトレーナーの一人だ。

筋肉が伸びた状態で固まっているときに、ストレッチでいくら伸ばしても問題は解消しません(写真 室川イサオ)

 「まず、なぜコリが発生するかを考えてみましょう。学生時代は、運動部に所属していなくても体育の授業などで体を動かしていたはずです。ところが社会人になると、自分で意識しない限りは、筋肉に一定の負荷がかかる運動をする機会はめっきり減ってしまいます。一方、年をとると少なくなった筋肉、つまり弱った筋力で体の重みを支えようとするため、筋肉が緊張した状態が続いてしまう。その結果、血行が悪くなり、コリを感じるのです」

 仕事中に首から肩にかけて、あるいは背中から腰にかけての筋肉が緊張し、肩こりや腰痛などの不快感を覚えるという人は多いのではないだろうか。それは単に同じ姿勢を続けているからだけではなく、筋力の低下も関連していると中野さんは言う。

 「その状態になった時、多くの人が行うのがストレッチだと思います。ストレッチは筋肉の柔軟性を取り戻すにはとても良い方法なのですが、実は多くの人が、やり方を少し勘違いしているようです」

 一体どこを勘違いしているのだろうか。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について