日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 遺伝性乳がん・卵巣がん、まずは正しい知識を持とう  > 2ページ
印刷

トピックス

遺伝性乳がん・卵巣がん、まずは正しい知識を持とう

がんの発症リスク高いが、予防策とれる時代に

 塚越小枝子=ライター

BRCA1/2遺伝子変異がある人は、若い年齢で乳がんを発症するリスクも高い。写真はイメージ=(c)Tyler Olson-123RF

 BRCA1/2遺伝子変異がある女性が70歳までに乳がんになるリスクは49~57%、卵巣がんになるリスクは18~40%(*2)と、一般の生涯罹患率(乳がん9%、卵巣がん1%(*3))に比べても格段に高い。そのほかにも、BRCA1/2遺伝子変異によって起こるHBOCには次のような特徴がある。家系の中にこの遺伝子変異が受け継がれていれば、男性も乳がんになる可能性がある。

【遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)の特徴】

  • 若い年齢で乳がんを発症する
  • トリプルネガティブ(エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体を持っていない、かつHER2タンパクの発現がないタイプ)の乳がんを発症する
  • 両方の乳房にがんを発症する
  • 片方の乳房に複数回がんを発症する
  • 乳がん、卵巣がん(卵管がん、腹膜がんを含む)の両方を発症する
  • 男性で乳がんを発症する(男性乳がんはBRCA2陽性が多い)
  • 膵臓がん、若年での前立腺がんを発症することもある

遺伝子変異があると100%がんになる?

 「BRCA1/2遺伝子変異は子どもにも必ず受け継がれる」「BRCA1/2遺伝子変異があると100%がんになる」と思う人も少なくないが、これは誤解だ。父親と母親から1本ずつ染色体をもらうため、子どもが遺伝子を受け継ぐ確率は50%。また、たとえBRCA1/2遺伝子変異があったとしても、必ず乳がんや卵巣がんを発症するわけではない。

 家族歴を振り返って、自分はHBOCかもしれないと気になるときは「遺伝カウンセリング」で相談することができる。また、乳腺外科での問診でHBOCが疑われた場合に、主治医から遺伝カウンセリングを勧められることもある。遺伝子変異があるかどうか知っておくことが治療の選択においても重要になるからだ。

 「遺伝カウンセリング」とは聞き慣れない言葉だが、これは「認定遺伝カウンセラー」と呼ばれる専門家がHBOCや遺伝子検査についての情報を提供し、意思決定をサポートするというもの。遺伝診療部や遺伝外来のある医療機関で受けられる。

 前述した通り、遺伝子変異の有無を知っておくことが治療の選択においては重要になる。例えば、遺伝子変異がある人の場合、乳がん摘出手術の際に、再発の可能性を視野に入れて最初から乳房切除と再建を行うこともある。また、BRCA1/2遺伝子変異がある場合に特異的に効果を発揮する新しい薬(PARP阻害剤)が卵巣がんに認可され、近い将来、乳がんにも認可される可能性がある。この薬が効くか効かないかの判定にBRCA遺伝子検査が必要になる場合もある。

遺伝子変異の有無の調べ方は?

 遺伝カウンセリングを受けた後、自分に遺伝子変異があるかどうかを確かめたい場合には「BRCA遺伝子検査」を受ける。ただし、遺伝カウンセリングは決して遺伝子検査を受けることを前提としているわけではなく、話を聞いたうえで、検査を受けるかどうかは選ぶことができる。

 HBOCが疑われるときに受ける遺伝子検査は、BRCA1/2遺伝子を分析し病的変異があるかを調べる。結果が陽性だった場合、血縁者が検査を受けることができる「血縁者向け検査」もある。

 「遺伝子検査は、それで陽性と判定された場合、家族に対する影響も出てくる可能性があるという知識をしっかり持ったうえで受けるかどうかの選択をしてほしい」と山内さん。自分に遺伝子変異があることが分かれば兄弟姉妹や子ども、親戚に情報を共有できる反面、不安をあおる可能性もある。実際、母親が自分の子どもに対して責任を重く感じたり、結婚・出産への影響を心配するといったケースがあるなど、知ることによるデメリットも考えられるのだ。

 遺伝子を知ることにはどのような意味があって、家族を含めてどういう影響があるのか、知識を持って向き合うことが大切だ。

HBOCの人のがん発症リスクを減らす予防策は?

 HBOCの人が将来がんを発症するリスクを減らすための予防策としては、次の3つが考えられる。

*2 「遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)診療の手引き2017年版」
*3 国立がん研究センター最新がん統計「がんに罹患する確率~累積罹患リスク(2013年データに基づく)」より
次ページ
3つの予防策

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.