日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

トピックス

箱根駅伝優勝の青学、5選手が東京マラソンに挑戦

レース前にやっておきたい動的ストレッチとは?

 松尾直俊=フィットネスライター

箱根駅伝で2年連続の総合優勝を成し遂げた青山学院大学陸上競技部(以下、青学)。1区から全く首位を譲ることのない完全優勝を勝ち取ったのは、原晋監督が選手のやる気と潜在能力を引き出す指導を行ったことが大きい。しかし選手たちが競技能力を向上させた背景には、普段はあまり着目されることがないフィジカルトレーナー、中野ジェームズ修一氏の存在があった。
安定感と強さを兼ね備えた走りを実現するためのトレーニング法(第1回)、具体的な走り方(第2回)、そして筋トレで効果を上げるために欠かせない考え方(第3回)をこれまでお伝えしてきた。この最終回では、青学の長期戦略と、走る前に行いたい動的ストレッチを紹介する。

 箱根駅伝(正式名称:東京箱根間往復大学駅伝競走)の往路5区間107.5km、復路5区間109.6km。合計217.1kmを10人でタスキをつなぎ、総合10時間53分25秒で2年連続優勝した青学チーム。彼らのこの強さの裏側には、綿密に立てられたトレーニングプランとそれを実践した選手たちの努力があった。しかし彼らのチャレンジはこれで終わったわけではない。箱根から東京へ、そして世界へと走り出そうとしている。

青学の駅伝選手たちにレクチャーする中野ジェームズ修一さん。選手たちのチャレンジはまだ続く。
[画像のクリックで拡大表示]

体幹トレーニングは4年計画の3年目に

 「箱根駅伝では1区から良い勢いをつけ、それを全選手が受けてタスキをつないだこと。そしてマネージャーも含めて油断なく準備を進めて実践したことが、完全優勝につながったのだと思います。私はそのほんの一部を受け持っただけ。優勝は、原監督のトータルマネージメントの力、それを確実に身に付けた選手たちの努力の賜物です」(中野さん)

 2014年4月から青学にトレーナーとして加わった中野。彼が指導する体幹の筋力トレーニングは全4年間(フェーズ1~4)の期分けで計画されており、箱根駅伝に連覇するまでのトレーニングはまだフェーズ2の段階だという(過去記事「箱根駅伝、青学躍進の陰に“理詰め”の体幹トレーニング【前編】」を参照)。

 「競技能力を上げるための筋力強化トレーニングは、1カ月や2カ月で終わるものではないんです。また、結果も短期間で出るものではありません。年単位の計画と積み重ねが必要なんです」(中野さん)

 まだ、道半ば。中野の言葉からはそんな意味合いが伝わってくるようだ。しかし青学のフィジカルコーチ就任2年目で完全優勝の成績を収めることができたということは、彼の計画と実践方法が正しかったことを証明している。

青学の体幹トレーニングはいよいよ3年目のフェーズ3に入る。
[画像のクリックで拡大表示]

 中野が2014年4月に入ってから2014年度末までがフェーズ1。そこでは主に、体幹の安定力を作ることを主眼としてトレーニングを組み立てた。

 「続いて私の参加から2年目となる2015年度のフェーズ2では、上半身のひねりを利用してストライドを伸ばしたり、エネルギーを効率的に使ったりする走りを目指したトレーニングプログラムを導入しました。3年目のフェーズ3は今年の春合宿から始まりますが、プランは…まだ秘密です(笑)」(中野さん)。

 青学の選手たちのさらなる進化が期待できそうだが、今後はチーム内でのレベル差をいかに埋めるかが課題になりそうだ。

 「今の2年生が4年に上がった時に、全てのフェーズが完了する予定なんです。でも、大学の場合は毎年、4年生が卒業して新たな1年生が入ってきます。次第に上級生のトレーニングが高度になってくると、新入生が追いつくのが難しくなってくるので、練習メニューをどう区別するかで悩むかもしれません。その意味では、終わりがありませんね」(中野さん)。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について