日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

トピックス

箱根駅伝、青学連覇の舞台裏。勝利のカギは“上半身ねじり”の体幹強化

上半身と脚の連動でスタミナアップ

 松尾直俊=フィットネスライター

箱根駅伝で2年連続の総合優勝を成し遂げた青山学院大学陸上競技部(以下、青学)。1区から全く首位を譲ることのない完全優勝を勝ち取ったのは、原晋監督が選手のやる気と潜在能力を引き出す指導を行ったことが大きい。しかし選手たちが競技能力を向上させた背景には、普段はあまり着目されることがないフィジカルトレーナー、中野ジェームズ修一氏の存在があった。
その中野氏に、昨年の優勝後から連覇を飾るまでの間に行った理詰めのトレーニングの一部と、箱根駅伝までの選手たちの軌跡について聞いた。併せて一般ランナーもぜひ取り入れたい、最先端のエクササイズの一部を紹介する。

 沿道からの大きな声援に包まれて、10区23kmを走り終えた青学の最終ランナー、渡邉利典(4年)がゴールテープを切る。そこには往路を走った選手たちと原監督が待ち受けていた。箱根駅伝(正式名称:東京箱根間往復大学駅伝競走)2連覇。歓喜の瞬間、選手たちが一斉に渡邊を取り囲んで喜びを爆発させた。

箱根駅伝で総合優勝し、ガッツポーズでゴールする青学の渡邉利典選手(1月3日、東京・大手町、写真提供:日本経済新聞社)
[画像のクリックで拡大表示]

 往路のスタートから最後まで、一度も首位を譲ることのない完全優勝を成し遂げたのは、1977年、第53回大会の日本体育大学以来39年ぶりだ。総合成績は10時間53分25秒。2015年11月の全日本大学駅伝対校選手権大会では僅差で敗れた2位東洋大学に、およそ6分半の差をつけての勝利だった。

 「自分ができることはすべてやったと思っても、最初から最後までドキドキでしたよ」。選手たちの走りを見届けるために大手町に出向いていた中野は、感極まる思いで、その光景を見つめていた。

本番前に暖冬の水分対策を注意

 「選手は走る区間によって前泊する宿舎が違いますから、私がすべて帯同することはできません。往路にはうちのスタッフを派遣して、自分は寮の食堂のテレビで観ていました。心配だったのは選手の体調とけが。特に今年は気温が高くなったので、脱水症状を起こさないことを願っていました」(中野さん)

 今年の正月三が日は、全国的に晴天。東京の最高気温が13度と、例年になく暖かかった。一般的な生活には心地よい気候も、長距離を走る選手に対しては、時に牙をむくことがある。中野はそれが気掛かりだったのだ。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について