日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

終末期の人との接し方 相手が望む話の聞き方とは?

「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」著者に聞く(2)

 西門和美=フリーライター

 家族や友人が苦しんでいるとき、私たちにできることは何だろうか。「力になりたい」と思うほど、何かいいアドバイスをしなくてはと思いがちだが、それよりもっと大切なことがあると、2800人以上の看取りを経験し、人生の最期を見据えた人と対話をしてきた医師・小沢竹俊さんは言う。そんな小沢さんに、苦しんでいる人に「この人は自分の理解者だ」と思ってもらえる方法について聞いた。その考え方は、看取りの現場だけでなく、様々なシーンで役立つはずだ。

苦しんでいる相手の気持ちを理解することは難しいが、「この人は私の理解者だ」と思ってもらうことはできる(©Katarzyna Bialasiewicz -123rf)

苦しんでいる人が求めるのは「自分を分かってくれる人」

看護師養成学校で、最期を見据えた人との対話術について話す小沢さん(写真 秋元 忍)
[画像のクリックで拡大表示]

 人生の最期が近づき、苦しんでいる人がいる。そんなとき、私たちにはいったい何ができるのだろうか。

 「『力になりたい』と思えば思うほど、相手に対してアドバイスや励ましをしたくなるもの。でも、苦しみにとらわれて目の前が真っ暗になっている人にとって、それは本当にうれしいことなのでしょうか」と小沢さん。

 例えば「生きていても仕方がない」と落ち込む人に、「人の命は地球よりも重くて大切なんですよ」「生きたくても生きられない人だっている。元気を出しましょう!」と言ったところで、「あなたに何が分かるの?」と反発されても無理はない。相手に「理解されていない」と感じられ、心はすれ違ってしまう。では、どうすればいいのだろうか。

相手を理解するのと、相手に理解者だと思われるのは別物

 相手を観察したり想像したりして、「私は相手のことを理解できた」と感じることもあるかもしれない。そんなとき人は、「言わなくても分かっているよ」とばかりに、相手の話に耳を傾けなくなるものだ。しかしこの態度が、相手が望むものであるかどうかは疑わしい。

 「現実には、相手を100%理解することは不可能です。しょせんは他人であり、まったく同じ気持ちを共有することはできません。つまり、『私が相手を100%理解できる』可能性はゼロなんです」と、小沢さん。

 その一方で、「相手が私のことを理解者だと思う」ことについては、可能性が残されている。相手から「私のことを分かってくれる人だ」と思ってもらえたなら、それは、実際に理解できることと同じくらい価値があることかもしれない。

 では、苦しんでいる相手が「この人は私の理解者だ」と思うようになるには、どうすればいいのだろうか。

 そのためには相手に「私のことを分かってくれた」と思ってもらえるような話の聞き方をすることが必要だ。苦しんでいる人は、人に伝えたい何かを抱えている。ただしそれは、誰にでも話せるわけではない。「自分のことを分かってくれそうな人」を選んで打ち明けるのだ。

小沢さんの資料をもとに編集部が作成(一部改変)
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について