日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

トピックス

医師が語る「冬のマラソンで起きがちなトラブル」と予防策

天気が良くて走りやすい日ほど要注意?

 伊藤和弘=フリーランスライター

1月から2月にかけて、多くの市民マラソンが開催される。夏に比べて走りやすいのは間違いないが、一方で体のトラブルも起こりやすい。脱水やハンガーノックなど、「冬のマラソン」で起こりやすいトラブルとその予防法を覚えておこう。

気温が低い冬は、低体温症、脱水、ハンガーノックが起こりやすい。それらを防ぐには?写真はイメージ=(c)maridav-123rf

 2月は「マラソンの季節」。青梅マラソン、京都マラソン、東京マラソンなど、知名度の高い市民マラソン大会が目白押しとなっている。気温が高い夏に走るよりも肉体的負担が少なく、安全で走りやすいが、くれぐれも油断は禁物。逆に寒い季節ならではのトラブルもある。

 「気温が低い冬は熱中症が起こりにくい代わりに、低体温症脱水ハンガーノック(長時間の激しい運動の最中に、極度の低血糖状態に陥ること)が起こりやすい。特に小雨まじりや風があって寒い日は、低体温症などを起こしやすくなります。では天気が良くて暖かく走りやすい日は安心かというとそんなことはなく、そんなときこそ記録を狙おうと無理をする人が多いせいか、心肺停止を起こすケースが少なくありません」と話すのは、千葉マリンマラソンなど多くのスポーツ大会でサポートドクターを務めている稲毛病院(千葉市稲毛区)整形外科・健康支援科部長の佐藤務さんだ。

危険な「低体温症」とは?

 低体温症とは通常は37℃前後ある深部体温(体の中心部の温度)が35℃以下に下がった状態。臓器の機能や、意識レベルが低下し、もちろんランニングのパフォーマンスも著しく低下させる。深部体温30℃以下になると不整脈が生じ、筋肉は硬直して、呼吸機能が低下。それ以下で生死に関わる。「睡眠薬や鎮静剤、のどの薬を服用している人のほか、過度の飲酒、過激なダイエットや食事制限、低血糖、糖尿病や甲状腺などの内分泌疾患は低体温症を招きやすい」(佐藤さん)という。

 ハンガーノックとは長時間の激しい運動によって血糖値が極端に下がった結果、体が動かなくなり、意識がもうろうとすること。体温の維持に糖を消費する冬は、夏よりもハンガーノックが起こりやすくなるという。

 こうしたトラブルを防ぐには、どんなことに気を付ければいいのだろうか。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について