日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

かぜ対策する受験生ほど第1志望校に合格!?

インフル対策と大学受験合格率の関係は?

 鈴木英子=ニューズフロント

 「うがい」や「かぜ・インフルエンザ」にまつわる話題を発信するサイト「明治カバくんうがいラボ」は、受験とインフルエンザに関する実態調査(調査期間:2015年12月28日~30日)の結果を発表した。それによると、かぜ対策を行っている受験生は、対策に注意を払っていない受験生と比べ、第1志望校の合格率が高いという。

 過去2年以内に大学を受験した男女412人のうち、7割以上(71.4%)が大学受験の際、「試験に向けた体調管理として特にうがいや手洗いなどかぜ・インフルエンザ対策を実践した」と答えた。このうち、第1志望校に合格した割合は28.3%で、志望校ではないところに合格した21.7%を1.3倍上回った(図1)。

図1◎ 受験の際、かぜ・インフルエンザ対策を実践した人の合格率
[画像のクリックで拡大表示]

インフルエンザ・かぜ対策の主流は「手洗い」「うがい」

 受験シーズン中にかぜ・インフルエンザ対策として行ったほうがよいと思うことを挙げてもらったところ、「手洗い」(89.1%)が1位、「うがい」(85.7%)が2位となり、これに「マスクの装着」(80.8%)、「予防接種」(73.5%)が続いた(図2)。

図2◎ かぜ・インフルエンザ対策として行った方がよいと思うこと/行ったこと
[画像のクリックで拡大表示]

 行った方がよいと思いながらも、実際に行った割合との差が最も大きい対策は「うがい」(実行率60.9%)で、24.8ポイントの開きがあった。「手洗い」「マスクの装着」「予防接種」も現実とのギャップが大きく、行った方がよいと思っている割合より実行率がそれぞれ18.7ポイント、20.6ポイント、11.6ポイント下回った。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について