日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

ノロウイルス、10年で2番目の流行 まだ拡大の可能性も

主流となっている「変異型ウイルス」が怖いワケ

 日経Gooday編集部

 下痢や嘔吐(おうと)、腹痛、発熱などの症状で知られる「感染性胃腸炎」を引き起こし、毎年、秋以降に流行が本格化するノロウイルス。国立感染症研究所と北里大学生命科学研究所の研究グループによると、今シーズンは、昨シーズンまで流行の注意を呼びかけていた新型ノロウイルス「GII.17」ではなく、予想外に変異した遺伝子型「GII.2」が猛威をふるっている。それにより感染性胃腸炎が過去10シーズンで2番目の流行を記録し、厚生労働省が注意を呼びかけている。

新型ノロウイルスは診断キットでは検出できないことがあるといい、それが感染の拡大につながりかねない(©Vitaliy Vodolazskyy 123-rf)

 2016年の第50週(12月12 日~18日) の感染症発生動向調査では、感染性胃腸炎の小児科定点当たりの患者数が、過去10シーズンで2番目に多い数字(20.89人/週)となった(*1)。その後、第51週では、17.28人/週となったことから、小児における感染性胃腸炎の流行はピークを越えたと見られる。

 しかし、まだ油断はできない状況だ。というのも、今シーズンの感染性胃腸炎の原因のほとんどがノロウイルス、特に変異型ウイルスである「GII.2」によるものと推定されているからだ(*2)。子どものピークが収まった後、子どもから大人へと感染し、今月末に向けて食中毒が増えていくことが危惧される。

IDWR速報データ 2016年第51週。小児における感染性胃腸炎の流行はピークを越えたと思われるが、今後、子供から大人への感染、食中毒の増加が懸念される
[画像のクリックで拡大表示]

 実際、国立感染症研究所の集計によると、2016年11月のノロウイルス流行株は、80%以上が「GII.2」だった(12月の集計は1月末に出る予定)。

 上記研究グループの片山和彦教授(北里大学北里生命科学研究所・感染制御科学府ウイルス感染制御学I)らの解析によると、今期流行している「GII.2」は、従来から流行がたびたび報告されている「GII.2」の遺伝子配列が変化し、ノロウイルスの表面の抗原性に変化が生じた変異株であることが明らかになっている(抗体が異物を認識して結合するための標的となるものを「抗原」と呼ぶ。抗原性変化とは、抗体が結合する標的部分のアミノ酸配列が変わってしまうこと。それによって、抗体が結合できなくなり、感染を防御できなくなる)。

 「従来流行していたGII.2に対して人々が獲得した免疫が、このGII.2の変異株に対して効果を発揮しにくくなり、流行が拡大しているのではないか」と片山教授は話す。

*1 IDWR速報データ 2016年第50週
*2 2016年12月2日のIASR速報として報告された宮城県の流行事例や、2016年12月21日に千葉市より報告された流行事例による

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について