日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

夫がインフル! 「別居」を考える働くママは4割

「家庭内でのまん延を防ぐこと」を優先して考える

 鈴木英子=ニューズフロント

 「うがい」や「かぜ・インフルエンザ」にまつわる話題を発信するサイト「明治カバくんうがいラボ」は、20~40代の働く女性(既婚・子有り)414人を対象に実施したインフルエンザに対する意識調査(調査期間:2015年11月13日~15日)の結果を発表した。それによると、夫がインフルエンザにかかったとき、働くママの約4割(38%)が「夫と別居したい」と考えたことがあるという(図1)。

図1◎ 夫がインフルエンザにかかった場合、夫と別居したいと考えたことがあるか
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした一見ドライな心情は、自分にかぜやインフルエンザがうつって家族に迷惑をかけないため、家族にうつさないための責任感や愛情の表れとも考えられる。

 子どもがかぜやインフルエンザにかかった場合、子どもとのスキンシップを減らすことがあるという回答者は34%だった。自分がかぜやインフルエンザにかかった場合は、79%が子どもとのスキンシップを減らすことがある(図2)。

図2◎ 子ども/自分がかぜやインフルエンザにかかった場合、子どもとのスキンシップを減らすことがあるか
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について