日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス

40代以上の半数が「週に1回以上もの忘れ」を自覚

あなたは「前任の総理大臣」「おとといの夕飯」を思い出せる?

 鈴木 英子=ニューズフロント

 2025年に認知症患者数が700万人を超えると推計される中、日清オイリオグループの「中鎖脂肪酸 認知症リスク対策PJ(プロジェクト)」が実施した認知症予防に関する意識調査(調査期間:2015年7月21日~22日)の結果によると、40歳以上の約8割がもの忘れやど忘れを自覚し、昔のことだけでなく直前に考えたことを思い出せない場合も多い。

 全国の40~69歳の男女1200人を対象にアンケートを行ったところ、79.5%がもの忘れやど忘れをすることが「ある」(「よくある」と「たまにある」の合計)と答え、その頻度は「週1回以上」が過半数(55.5%)を占めた(図1)。

図1◎ 「もの忘れ」や「ど忘れ」の頻度は
[画像のクリックで拡大表示]

どんなことを思い出せない?

 具体的に、どのような内容のもの忘れやど忘れをするか尋ねると、「ドラマや映画のタイトルが思い出せない」(62.5%)と「何かをしようと思って立ち上がったのに、何をしようとしたのか忘れた」(59.4%)が特に多く、「簡単な漢字が思い出せない」(43.9%)が続いた(図2)。

図2◎ どんな内容の「もの忘れ」や「ど忘れ」をするか
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について