日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方

「軟膏」「クリーム」「ローション」って何が違うの?

ただれや水疱がある箇所には刺激の少ない軟膏を

 一般社団法人日本医薬品情報学会

市販薬を多く扱う薬局やドラッグストアの棚を見ると、同じブランドの商品が複数並んでいることが少なくありません。外箱を見ると、配合成分は同じなのに、「軟膏」「クリーム」「ローション」など、薬の形状(剤形)が違う…。どのように商品を選び、使い分ければよいのでしょうか。

 皮膚のトラブルを解消するために、使用する市販の塗り薬(外用薬)。「あの薬は傷に染みる」「この薬はベタベタする」など、使い勝手に違いがあることになんとなく気付いているのではないでしょうか。

 今回は、主な外用薬の特徴と使い方について解説していきましょう。

軟膏は「保湿力の高さ」、クリームは「伸びの良さ」が特徴

外用薬の選び方
軟膏とクリームの違い、わかりますか?(©Irina Pusepp-123rf)

 軟膏は、白色ワセリンをベースとする外用薬です。ワセリンは石油を精製する過程でできる鎖状飽和炭化水素(CnH2n2、n=16~20)で、脂溶性(*1)の物質です。刺激が少なく、口の中や目の粘膜に使う薬にも用いられています。半透明でベタベタしていますが、保湿力が高いのが特徴です。

 クリームは、白色ワセリンなどの脂溶性物質のほか、水やグリセリン(多価アルコール)といった親水性(*2)物質もベースとなっています。「水と油」を含むため、ドレッシングのように分離しないように界面活性剤(乳化剤)が添加されています。また、親水性物質は微生物を繁殖させやすいため、防腐剤(保存剤)が多くの製品で添加されています。軟膏に比べてなめらかで伸びが良く、水で洗い流せるのが特徴です。

 ローション(液状の外用薬)は、水やグリセリンといった親水性の物質がベースとなっています。有効成分が角質層に移行しやすいため即効性に優れる一方で、体温で基剤が蒸散しやすく、持続時間が短いという欠点があります。クリームと同様に、防腐剤(保存剤)がよく添加されています。

*1 脂溶性とは、油との親和性が高いこと。水との親和性が低い。疎水性、親油性ともいう。
*2 親水性とは、水との親和性が高いこと。油との親和性が低い。水溶性ともいう。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について