日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方

形状の違う飲み薬、どう選べばいい?

固体を飲み込むのが苦手な人は粉薬や液剤をチョイス

 一般社団法人日本医薬品情報学会

市販薬を多く扱う薬局やドラッグストアの棚を見ると、同じブランドの商品が複数並んでいることが少なくありません。外箱を見ると、配合成分は同じなのに、「錠剤」「細粒」「液」など、薬の形状(剤形)が違う…。自分に合った剤形はどのように選べばよいのでしょうか。

飲みやすさ、味・臭いの感じ方を基準に選ぶ

ドラッグストアの棚
同じブランドの市販薬でも、形状が異なる製品が販売されています。(©Nataliya Yakovleva-123rf)

 市販の内服薬に対して、「苦い」「むせる」「苦手なにおい」「子どもが飲み込めない」など、飲みにくさ(飲ませにくさ)を感じている人が少なくありません。

 そのような時は、別の剤形に替えてみると、飲みやすくなることがよくあります。主な内服薬の剤形の特徴と飲み方について解説していきましょう。


続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について