日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方

薬を飲み忘れた…遅れて飲んでも大丈夫?

「1日3回」の薬は次の服薬まで2時間以上あれば飲む

 一般社団法人日本医薬品情報学会

食事する時間は毎日違うし、就寝時間もまちまち―。規則的な生活リズムを送ることが難しい人にとって、薬の飲む回数を守ることは難しいかもしれません。今回は、薬の飲み忘れに気付いた時にどう対処すればよいかについて解説します。

「薬を飲むのを忘れてた!」とタイミングを逃してしまい、後から気付くことはよくあります。
「薬を飲むのを忘れてた!」忙しい人ほどよくあることです。(©Denis Tevekov-123rf)

 これまでに、「薬は、効果を発揮させるために一定の血中濃度を維持しなければならないこと」、「薬によって代謝されるスピードが異なるため、飲む回数が違うこと」を解説しました(参考記事「なぜ薬によって飲む回数が違うの?」)。

 今回は、これらを踏まえて、もし薬を飲み忘れてしまったときに、どうしたら良いのか解説しましょう。


薬を飲むと血中濃度が大きく上がり、その後減少していく

 薬を服用すると、配合成分が体内に吸収されます。それに伴い、血中濃度が上がっていき、ある値を超えると、効果を発揮するようになります。濃度が高くなるにつれ効き目は強くなりますが、同時に副作用も現れやすくなり、最悪の場合死に至ります(致死量)。

 そのため、薬の作用を最大限に発揮させ、かつ副作用の発現を最小限に抑えて使うために、「有効血中濃度(治療濃度域、有効域)」が有効成分ごとに決められています。薬は体の中を巡りながら代謝され、時間とともに血中濃度が下がっていきますが、有効血中濃度の下限(最も低い値)に近いタイミングで服用すれば、血中濃度は再び上昇します。有効血中濃度の範囲内で推移すれば、効果が維持されるのです(図1)。

図1◎ 薬の血中濃度と薬の効果(1日3回飲む薬の場合)
服薬タイミングと血中濃度のグラフ/無効域や中毒域に行かないように注意しなければいけません
決められた用法を守って飲むと、効果を最大に得られ、副作用を最小に抑えられる血中濃度を推移します。(出典:薬の適正使用協議会)
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について