日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方

薬はなぜ「食後」に飲むものが多いの?

胃の状態に合わせて最も効果的なタイミングを狙う

 一般社団法人日本医薬品情報学会

市販薬の添付文書や外箱を見ると、「食べる前に」「食後に」などと薬を飲むタイミングが書いてあります。薬の効き目や副作用の出方は胃の状態と大きく関係していて、食べ物による影響は無視することはできません。「食前」「食後」「食間」とは具体的にいつのことを指すのでしょうか。

薬は飲むタイミングによって効き目も異なります。(©Manuela Fernandes-123rf)

 口から水と一緒に飲み込んだ薬は、食道を通過して胃に入り、そこで胃酸と混ざります。薬の配合成分は化学物質ですから、溶けだすと胃の粘膜などに何らかの刺激を与えます。このとき、胃に食べ物が入っていると、薬が食べ物と混ざって胃壁に直接触れにくくなって胃への刺激を抑えることができます。

 また、薬が食べ物と混ざると、腸で有効成分が吸収されるスピードが変化します。このため、薬によっては作用が現れやすくなったり、逆に現れにくくなったりします。

 こうしたことから、薬を飲むタイミングは胃の中の環境を考慮して設定されています。市販薬に多い服薬タイミングについて具体的に解説していきましょう。

「食後」に飲んだ薬は食べ物や胃酸の影響を受ける

図1◎ 服薬タイミング
「食前」「食間」「食後」の服薬タイミングについて解説しています
「食前」は食事をする1時間前~30分前、「食後」は食事後30分以内、「食間」は食後2時間後とされています。
[画像のクリックで拡大表示]

 「食後」とは、食事が終わってから30分以内を指します。内服薬の中で最も多いのが、この食後に飲むタイプです。食後30分というのは、胃の中で、薬が食べ物や胃酸の影響を最も受ける時間帯です。空腹時に飲むと胃を荒らしてしまう成分が入っているかぜ薬や、食べ物と混ざることで吸収が良くなる薬などは、特に食後に飲むことが望ましいとされています。

 食後は、食べ物のおかげで配合成分が胃壁に触れにくくなるだけでなく、胃の蠕動運動(胃の内容物を腸に送り出そうとする動き)が活発であるため、有効成分が胃に留まっている時間が短くなり、より早く腸で吸収されると考えられています。また、油に溶けやすい成分は、食べ物の油脂分に溶けて吸収されやすくなることが分かっています。

 もし、食後の薬を食事をしていない状態で飲まなければならない場合、牛乳1杯でも、クッキー1枚でも口にしてから薬を飲むようにしましょう。胃の中を食後に近い状態にすることができます。

 このほか、食事の影響を受けにくい薬であっても、“規則正しく1日3食取る”という日本人の特徴に合わせて、食後に飲むよう定めている薬が多くあります。服薬タイミングを食事と絡めることで、薬の飲み忘れを防ぐだけでなく、食事と食事の間隔が6〜8時間と比較的均等であるため、作用(有効成分の血中濃度)を維持させるのが簡単になるためです。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について