日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方

薬はなぜ水で飲まないといけないの?

有効成分が溶け出しやすく、薬の働きに影響を与えません

 一般社団法人日本医薬品情報学会

内服薬の注意事項には、「お薬は水かぬるま湯で飲んでください」と書かれているものがほとんど。「お腹の中に入ってしまえば、他の飲食物と混ざるんだし、何で飲もうと一緒だろう…」と思う方もいるかもしれません。でもこれは大間違い。思わぬ副作用を起こしたり、期待される効果が出なかったりとデメリットが大きいことを覚えておきましょう。

水なしで飲むと食道にくっついてしまうことも

薬はコップ1杯の水で飲むのが常識です。(©Andrzej Wilusz-123rf)

 錠剤やカプセル、粉薬を飲むときは、「水かぬるま湯で飲む」ことが基本です。

 まず、内服薬は口の中で唾液や水と混ざり、食道を通って胃に運ばれます。水を含まずに薬だけを飲み込むと、食道や胃の粘膜に直接触れ、それが刺激になって粘膜が障害される(潰瘍や出血を起こす)ことがあります。特にゼラチン製の殻に入ったカプセルは、唾液など少量の水分ではベタベタして、のどや食道に引っかかりやすくなるので注意が必要です。

 また、内服薬の周りに水分があると、有効成分が溶け出しやすくなります。そのためには、コップ1杯(180~200mL程度)の水やぬるま湯と一緒に飲むと良いとされています。メーカーは、水と一緒に飲んだ場合を想定して安全性を担保しています。

 では、有効成分の働きを邪魔したり、増強させる飲料にはどのようなものがあるのでしょうか。

アルコール

 アルコールは多くの薬の働きに影響を及ぼします。絶対にお酒で薬を飲んではいけません。特に催眠鎮静薬や抗アレルギー薬と一緒にお酒を飲むと、作用を増強させてしまい、強い眠気や意識障害を引き起こす危険性も考えられます。

 このほかに、薬とアルコールの相互作用として、有効成分の血中濃度の上昇による作用・副作用の増強、中枢神経の抑制による呼吸抑制や心停止、アルコールの分解を抑制することによる頭痛、嘔吐、顔面紅潮、血管の拡張による起立性低血圧や失神―などが挙げられます。

カフェインを多く含む飲み物(緑茶、紅茶、コーヒーなど)

 中枢神経を刺激するカフェインも、薬との相性が良くない物質の一つです。鎮咳去痰薬(せき止め)に配合されているテオフィリンやアミノフィリンは、カフェインと同じ系統の成分であるため、カフェインを多く含む飲み物と一緒に飲むと作用が強く出てしまい、不眠やふるえ、吐き気などを引き起こします(禁忌に相当)。また、かぜ薬やせき止めに配合されている、麻黄(まおう)やエフェドリンでは作用が強められ、不眠や不整脈、情動障害(気分の落ち込みなど)といった症状が現れることがわかっています。コーヒーや紅茶などを飲んだ場合、30分以上空けてから薬を飲むようにしてください。

 ドリンク剤の中にもカフェインを多く含むものあります。「どうせお腹のなかで一緒になるのだから…」と横着をせず、内服薬は別に水で飲むようにしましょう。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について