日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「わたしも、がんでした」  > 左目を取ることになって
印刷

「わたしも、がんでした」

左目を取ることになって

本人編 悩んでいるのは自分だけじゃない(3)

 杉浦 克昭(ピーコ)=ファッション評論家・シャンソン歌手・タレント

ピーコこと杉浦克昭さん。ファッション評論家、タレント、シャンソン歌手といくつもの「顔」を持ち、メディアで活躍するピーコさんは1989年、眼のがんにかかりました。当時44歳。まさに働き盛りのピーコさんの左目を襲ったのは、30万人にひとりという悪性腫瘍。ショービジネスの世界で最前線に立っていたピーコさんは、決断を迫られます。仕事とがん治療とをどう両立させるのか。自分の未来に「がん」が立ちふさがったとき、何が救いとなるのか。働き盛りのみなさんにこそ、読んでほしい。がんと向き合い、がんと共に生き、働き、がんと決別したピーコさんの言葉です。

 がんは「不治の病」ではなくなりました。しかし、がんが人生に大きな影響を及ぼす疾患であることに変わりはありません。だから悩んで、落ち込んで、でも立ち直って、気がつけば前進しているのです。
 家族の温かい言葉にはげまされたピーコさんは、手術までの時間を仕事の調整に、友人知人への連絡にと、忙しく過ごします。
 

 取りあえず、がんになったことを家族に話さなきゃ、ということで、病院から戻った翌日、ふたりの姉に話しました。メラノーマと診断されたこと、近々入院すること、左目を摘出する手術をすること、すべてをわたしひとりで決めたことを、ちゃんと説明して、事前に相談しなかったことを謝りました。そしたらね、上の姉がわたしの背中をさすりながらつぶやきました。

 「神様がこの子の目をひとつ欲しいというならあげましょう。でもそれ以上は望まないで」

 それを聞いて、下の姉が

 「わたしの目を、代わりにあげたい。わたしはもう何もいらないから」
って言ってくれたの。

 下の姉は3歳の頃から脊髄カリエスで不自由な身なのに、彼女が目をあげたいと言ってくれた。このときはさすがに、わたし、涙、出そうになりました。

 家族に救われた思いでしたけれど、自分自身に対してはまだ、悲しい、怖い、という気持ちは、このときはまだあまりなかったんです。手術まで仕事に穴はあけられませんし、入院中や退院後の仕事の調整をしたり、友人知人に連絡を取ったり、雑務と実務で普段以上に忙しかったですね。そのせいか、がんになったことをお友達の永六輔さんに電話でお知らせしたら、

 「ピーコ、なんでがんになったのに、そんなに落ち着いて電話かけてくるの。ほんとに、かわいくないなあ」
って言われましたね。

 40代でがんになる、というのは結構きついことですけど、わたしの場合、家族はいるけれど、いわゆる家庭はないですから、自分のことだけを考えればいい、という点では悩みが少なかったのかもしれませんね。つれあいやお子さんがいたら、がんは自分だけの病気じゃなくなりますから。治療費からその後の生活についてまで、悩みが何倍にも増えますし。

この先生に全部お任せしよう

 そうそう、当時はまだ「セカンドオピニオン」という考え方は、あまり普及していませんでしたけれど、手術までに2週間ほどありましたから、一応ほかのお医者さんにも診ていただいたら、というのは周囲の方たちからたくさんご助言いただきました。ただ、わたしはこのとき、最初にがんと診断してくださった佐伯先生を信用しよう、全面的に任せよう、とすぱっと思ったんです。信頼する熱海のホームドクターの推薦ですし、なにより、わたしに面と向かって、

 「わたしは目医者だから、なんとかあなたの目を治してあげたい。取りたくない。でも、あなたが死んでしまうのはもっとよくない。だから左目、取りましょう」
とおっしゃっていただいたのが、とても心に響いたんです。

 ああ、この先生に全部お任せしよう、と瞬間的に思いました。だから、あえてほかのお医者さんには伺いませんでした。セカンドオピニオンは大切な仕組みですけれど、一方で自分が身を任せるお医者さんを信じるということも、大切だと思うんです。

国立がん研究センターがん対策情報センター編
『わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋』(日経BP社、2013年9月発行)より転載。


杉浦 克昭(ピーコ)さん
ファッション評論家・シャンソン歌手・タレント
杉浦 克昭(ピーコ)さん 文化服装学院研専卒業後、1980年おすぎとともに《おすぎとピーコ》としてTBS「久米宏の土曜ワイドラジオTOKYO」に出演し、デビュー。44歳で30万人にひとりという悪性腫瘍で左目を摘出する。がんをきっかけにシャンソンを始め、2004年1月にはシャンソン歌手としてCDデビューを果たす。ファッション・ジャーナリストとして服飾評論はもとより、さまざまな分野に活動の場を広げている。

『わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋』
(国立がん研究センターがん対策情報センター編、日経BP社)好評販売中

 医学の進歩によって、「がん=迫りくる死」ではなくなっています。実はかなり多くの人が、がんと共に社会で暮らしています。しかし、がんと共に生きることや働くことは、日本社会ではまだまだ普通のことと思われていません。がんと共に生きるとは、働くとは実際にはどういうことなのか。それを知っていただくために、本書ではがんに関わる当事者の方々に語っていただきました。──「はじめに」より

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.