日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「わたしも、がんでした」  > 実際にがんとどう付き合えばよい?
印刷

「わたしも、がんでした」

実際にがんとどう付き合えばよい?

病院編 がんと共に生きる、働く時代がやってきます(3)

 堀田 知光=国立がん研究センター理事長

「がんになった=仕事も、人生ももうおしまい」という時代は終わりました。いま、日本では、働きながら治療をするサポートシステムが整えられようとしています。がんと共に生き、働く時代。それを家族、医療のプロ、職場、地域社会など周囲の人みんなが支える時代がやってくるのです。

 そんな時代にがんになったら、本人は、家族は、周囲は、どう考えどう行動すればいいのでしょうか。まず、がん治療と研究に長年携わってきた立場から、現在おすすめできる具体的な対処法を説明します。

 また、がんになっても生きやすい社会にしていくためには、これから何が必要なのでしょうか。いま、私たちが取り組んでいることを紹介しましょう。

がんを、闘病を、上手に「マネジメント」していきましょう。

 がんと共に生き、働くためには、常に患者さん本人の「心構え= マインドセット」を念頭に置きながら、「実際に何をするか=行動のマネジメント」が大切です。心構えと行動がセットとなって成果を出す。何らかの形で仕事をした経験がある方なら、すぐにお気づきでしょう。そう、これは普段の仕事と同じです。

 では、実際にどんな行動からスタートすればいいのでしょうか?

 患者さんの「心構え= マインドセット」が、がんに向き合えるようになった段階で、まず必要なのは、自分の病気や置かれている状況をしっかり理解すること。つまり「正確な情報の収集」です。正しい対処のためには、正しい情報が不可欠です。自分の病気や体調、治療法などを、病院と相談しながら、できる範囲で記録していきましょう。

図1◎ 療養手帳を活用しましょう
国立がん研究センターがん対策情報センター わたしの療養手帳はこちらからPDFをダウンロードできます(クリックするとページにジャンプします)
[画像のクリックで拡大表示]

 がんと上手に付き合っていく「行動のマネジメント」の第一歩、それは「情報の収集と整理」です。それができると、曖昧な不安が消えて、具体的に次に何をすべきかが、はっきり見えてきます。

 「情報の収集」と同時に欠かせないのが、患者さんご本人が家族、職場、医療者を巻き込んで「対策チーム」をつくることです。逆にいえば、まわりの方は、医師や看護師などの医療スタッフと共に、積極的に患者さんを支えるチームの一員になってください。

 「がんと共に生きるために、治療をする」というプロジェクト達成のためにチームをつくる。これも、ビジネスの現場と同じだと思います。がんの治療をしながら、職場に復帰し、生活をするには、治療以外に、食事、運動、睡眠時間、仕事の割り振り、ワークライフバランス、情報収集、さらにはお金の管理など、やることがたくさんでてきます。がんにかかった患者さんひとりでできることではありません。だから、周囲がチームになる。これが絶対に欠かせないのです。

 行動を起こしても、がんにかかった患者さん本人が、再び落ち込んだりすることがあります。そんなとき、患者さんを支え、「がんと共に生きる」道筋をつくるのは、具体的な行動をマネジメントすること。そして、そのマネジメントをサポートする、家族や職場や医療者による「チーム」なのです。

 次は、身近で大切な家族ががんになったときに、すべきことについてお話します。

国立がん研究センターがん対策情報センター編
『わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋』 (日経BP社、2013年9月発行)より転載


堀田 知光(ほった ともみつ)さん
国立がん研究センター理事長
堀田 知光(ほった ともみつ)さん 1969年名古屋大学医学部卒業。独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター院長などを歴任後、2012年より現職。厚生労働省「未承認薬使用問題検討会」座長ほかさまざまな政府委員も務め、ドラッグラグ解消やがん登録推進などの課題にも積極的に取り組んでいる。

『わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋』
(国立がん研究センターがん対策情報センター編、日経BP社)好評販売中

 医学の進歩によって、「がん=迫りくる死」ではなくなっています。実はかなり多くの人が、がんと共に社会で暮らしています。しかし、がんと共に生きることや働くことは、日本社会ではまだまだ普通のことと思われていません。がんと共に生きるとは、働くとは実際にはどういうことなのか。それを知っていただくために、本書ではがんに関わる当事者の方々に語っていただきました。──「はじめに」より

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.