日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

「わたしも、がんでした」

専門家とのコミュニケーションは「信じる」ことから

家族編 「がんは“生きる”と向き合うプロジェクトです」(5)

 砂田麻美=映画監督

がんは、患者本人だけの病ではありません。家族みんなが当事者になり得ます。 患者さんが「がんと共に働き、生きる」ためには、家族の役割分担が欠かせません。 では、家族は、どう身内のがんと向き合い、どうサポートすればいいのか。 例えば、がんをきっかけに、患者さんが「よく生きる」ためのプロジェクトとして 家族みんながチームのように役割分担をしながらサポートする。家族編で登場するのは、 ドキュメンタリー映画「エンディングノート」の監督、砂田麻美さんです。 映画は、末期がんと診断された砂田さんのお父さまが、 死後の後始末について「エンディングノート」を家族にしたためるところから始まります。 そんなお父さまと、ご家族やご友人とが一緒に過ごすかけがえのない時間。「死」と向き合うことで、むしろ「生きる」ことを真剣に考える。実行する。 大ヒット映画の舞台裏でもある砂田さんとご家族のご経験から、 がんと家族と人の死と生について、砂田さんと一緒に考えてみましょう。

本人はもちろんですが、家族にとっても、がんと向き合う上で、主治医とのコミュニケーションは欠かせません。砂田さんたちは、質問を整理し、医師と話す貴重な時間を最大限に生かすようにしました。プロである医師の話をいかに日々の生活にうまくフィードバックするか。患者本人にとっても、家族にとっても、具体的な行動指針になるし、大きな支えになるはずです。

 がんにかかった父をサポートする私たち家族として、なによりの情報源は、やはり主治医のお医者さまです。だからこそ、お話を伺うときにはすごく気を遣いました。

 一番気をつけたのは、事前に質問を手短にわかりやすく整理しておくこと、でした。お医者さまとお話しできる時間は限りがありますし、質問があやふやだと、本当に必要な答えをいただけない。

 とはいっても、こちらとしては、がんと向き合うのははじめてですから、知識も経験も何もないわけで、不安や疑問がどんどん浮かんできてしまう。だからといって、そのときの不安をただお医者さまにぶつけてもしょうがない。とにかく聞きたい質問を落ち着いて整理するよう努めました。

 私がとりわけ意識したのは、なるべく具体的な行動につながる質問を用意することでした。普段の生活で、家族はどんなことを心掛けてサポートすればいいのか、ご飯はどんなものを用意すればいいのか、睡眠時間は、外出はどの程度大丈夫なのか、という具合です。こうした質問ならば、すごくストレートな回答をいただけますし、日々の行動にもすぐに役立てられますから。

 患者である父も、お医者さまに対する質問はずいぶんと絞り込んでいた記憶があります。父をすごいな、と思ったのは、自分が身を任せたお医者さまを全面的に信頼しようと決めていたところです。どの病院にしようか、どのお医者さまにしようか、どの治療法にしようか、についてはずいぶん悩んだ様子でしたし、最終的には自分で決めた父ですが、いったん決めたとなったら、そのお医者さまを徹底的に信じる。

 これって父のサラリーマンとして働いてきた美学なのかな、とも思いました。いろいろなひとと仕事をするとき、私がやっている映画の世界でもそうですけれど、自分が信頼されてないと感じたら、パフォーマンスって下がりますよね、やっぱり。

 信じるってことが本質的にいちばん重要なんだ、って父は考えていたんだと思います。お医者さまとのやり取りの中で、本当に素直に耳を傾けている父を見ていて、そう思いました。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について