日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

「わたしも、がんでした」

家族が、がんと出会うとき

家族編 「がんは“生きる”と向き合うプロジェクトです」(1)

 砂田麻美=映画監督

がんは、患者本人だけの病ではありません。家族みんなが当事者になり得ます。 患者さんが「がんと共に働き、生きる」ためには、家族の役割分担が欠かせません。 では、家族は、どう身内のがんと向き合い、どうサポートすればいいのか。 例えば、がんをきっかけに、患者さんが「よく生きる」ためのプロジェクトとして 家族みんながチームのように役割分担をしながらサポートする。家族編で登場するのは、 ドキュメンタリー映画「エンディングノート」の監督、砂田麻美さんです。 映画は、末期がんと診断された砂田さんのお父さまが、 死後の後始末について「エンディングノート」を家族にしたためるところから始まります。 そんなお父さまと、ご家族やご友人とが一緒に過ごすかけがえのない時間。「死」と向き合うことで、むしろ「生きる」ことを真剣に考える。実行する。 大ヒット映画の舞台裏でもある砂田さんとご家族のご経験から、 がんと家族と人の死と生について、砂田さんと一緒に考えてみましょう。

2009年5月、砂田さんのお父さまは、68歳で胃がんと診断されました。少し前に40年以上勤めた会社を退職し、第2の人生を楽しみはじめた矢先のことでした。毎年受けていた健康診断で胃に異常が見つかり、精密検査を受けたところ、肝臓に転移したステージIVの進行胃がんであることがわかったのです。

 私がはじめて監督した『エンディングノート』は、主に私の父が胃がんを宣告されてから亡くなるまでの半年間を追いかけたドキュメンタリー映画です。

 がんを告知された父は、それから間もなく、葬儀やお墓の話、財産分与など、自分の亡くなったあとのことについて、家族に「具体的な覚え書き=エンディングノート」を書き始めました。

 映画では、父が書いた「エンディングノート」の内容をモチーフにしながら、がんにかかった父が、家族や、友人や、自身の人生とあらためて向き合うさまを描き、予想以上に多くの方に観ていただきました。

 父は、がんを告知されてから半年で亡くなります。闘病期間は長くはなかったけれど、私も、家族も、父のがんと向き合って、いろんなことを悩んだり、いろんなことを感じたり、結果として、いろんなことを知りましたし気づきました。

 最初、父ががんにかかっていることを知ったとき、正直にお話しすると、ピンとこなかったんですね。「お父さん、がん? あの、がん?」という感じで。リアリティーがない、というか。私だけじゃなくて、家族も、父自身もそうでした。

 父がはじめに異変に気づいたのは、定期的な健康診断でした。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について