日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

やさしいがんの学校

日本人に多いがんとは

ホームルーム2 がんの統計学

 田村 知子=フリーランスエディター

私たちががんになる可能性はどれくらいあるのでしょうか。また、なりやすいのはどんながん? 今回は、日本人のがんの傾向や現状について、国立がん研究センターがん対策情報センター・センター長の若尾文彦先生に聞きました。

がんの罹患率は男女ともに増加

 国立がん研究センターがん対策情報センターが発表している最新のデータ(2010年)によると、日本では男性の60%・女性の45%、つまり、日本人の2人に1人が、一生のうちに何らかのがんになるといわれています。がんは私たちにとって、それだけ身近な病気となっています。

 がんになる人が増えている主な要因には、平均寿命が延び、高齢化が進んでいることが挙げられます。がんは、細胞分裂の際に遺伝子が正しくコピーされず、異常な細胞が増えていくことによってできていきます(ホームルーム1:「がん」ってどんな病気?)。通常、私たちの体には、こうした異常な細胞を排除したり、異常な細胞のもととなる遺伝子の傷を修復したりする「免疫」という仕組みがあります。しかし、高齢になるとともに免疫機能は低下するため、がんになる人が増えていくのです。

 2010年の年齢階級別がん罹患率(人口10万人のうち何人ががんと診断されるか:図1)を見ると、男女ともに50代になる頃から罹患率が高くなり、高齢になるほど増えていきます。

図1◎ 年齢階級別罹患率(全部位、2010年):独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターによる
男女とも50歳代くらいから増加し、高齢になるほど高い。30歳代後半から40歳代で女性が男性よりやや高く、60歳代以降は男性が女性より顕著に高い。
[画像のクリックで拡大表示]

 また、年齢調整罹患率(*1)の推移をみると(図2)、1985年以降、罹患率は男女ともになだらかに増加しているのが分かります。食生活を含む、生活習慣の欧米化の影響が考えられています。

図2◎ がん年齢調整罹患率の推移(全部位、性別)1985年~2007年:独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターによる
「年齢調整罹患率」は、高齢化など年齢構成の変化の影響を取り除いたものです。 登録精度の変化の影響を受けにくくするために、長期的に登録精度が高く安定している宮城・山形・福井・長崎の4県の地域がん登録データを用いています。
[画像のクリックで拡大表示]

 では、どんながんになる人が多いのか、増えているがん、減っているがんを見ていきましょう。

*1 年齢調整罹患率とは…年齢構成が異なる集団の間で罹患率を比較する場合や、同じ集団で罹患率の年次推移を見る場合に、罹患率の差に年齢構成の違い(高齢化など)が影響しないように用いられる。年齢調整罹患率は、集団全体の罹患率を、基準となる集団の年齢構成(基準人口)に合わせた形で算出する。基準人口には通例、昭和60年(1985年)のモデル人口(昭和60年の人口をベースに作られた仮想人口モデル)を使用する。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について