日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

やさしいがんの学校

前立腺がんは、ほかのがんに比べ病後が良好な傾向

7時間目 前立腺がんについて知ろう[後編]

 田村 知子=フリーランスエディター

「やさしいがんの学校」の7時間目は「前立腺がん」です。後編では前立腺がんの治療法と、治療後の経過についてまとめます。国立病院機構東京医療センター泌尿器科医長の斉藤史郎先生に、前立腺がんの基礎知識を聞きました。

前立腺がんの治療

 前立腺がんの治療は、手術、放射線治療、ホルモン療法が中心となり、とくに治療はせずに経過を観察するPSA監視療法 (未治療経過観察)、ホルモン療法の効果がなくなった時に行う化学療法(抗がん剤治療)があります。

 治療法を検討するうえでは、診断時のPSA値、グリソンスコア、ステージによるリスク分類、患者の年齢や期待余命、治療後のQOL(生活の質)などを考慮します(PSA値、グリソンスコア、ステージによるリスク分類の詳細については本記事前編「近年増加する前立腺がん、技術の進歩で早期発見が可能に」をご覧ください)。

 基本的には、転移のない限局がんでは手術や放射線治療を中心に完治を目指し、転移がある場合はホルモン療法でがんの進行を抑えていきます。ただ、治療法は多岐にわたり複雑なので、医師と患者がよく相談のうえで選択することになります。それぞれの病期については、下の表1、表2を参考にしてください。

図1◎ 前立腺がん診療アルゴリズム
前立腺がん診療アルゴリズム
「前立腺癌診療ガイドライン2012年版」より一部改変
[画像のクリックで拡大表示]
表1◎ 前立腺がんの病期分類
前立腺がんの病期分類
日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会編 「前立腺癌取扱い規約 2010年12月(第4版)」(金原出版)より一部改変
[画像のクリックで拡大表示]
表2◎ 前立腺がんに対するNCCNリスク分類
PSAグリソンスコアステージ
低リスク10ng/mL未満6以下T1~T2a
中間リスク10~20ng/mL未満7T2b~T2c
高リスク20ng/mL以上8以上T3a
超高リスク--T3b~T4
注)低リスク:3つ全てを満たす
中間リスク:3つのうちいずれか1つを満たし、高リスクの要素を含まないもの
高リスク:3つのうちいずれか1つでも含むもの
NCCNガイドライン2012年第3版を基に一部改変

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について