日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

やさしいがんの学校

大腸がんの手術、腹腔鏡が一番良いの?

3時間目 大腸がんについて知ろう

 田村 知子=フリーランスエディター

「やさしいがんの学校」の3時間目は「大腸がん」です。近年、罹患率は横ばい傾向ではあるものの、年間10万人以上が大腸がんと診断され、大腸がんで亡くなる人は年間4万人を超えています。そんな大腸がんの知っておきたい基礎知識を、国立がん研究センター中央病院大腸外科・科長の金光幸秀先生にうかがいました。

大腸がんとは?

 大腸は食べ物の消化や吸収を行う消化器官の最終部分で、小腸と肛門(肛門管)の間にあります。小腸側から盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸(直腸S状部・上部・下部)と続き、その全長は2m程度になります。

 この大腸に発生した悪性腫瘍が、大腸がんです。腺腫という良性の腫瘍(ポリープ)ががんになる場合と、正常な細胞から直接がんが発生する場合とがあり、後者はデノボがんと呼ばれています(デノボは「初めから・新たに」を表すラテン語)。

 大腸がんは発生部位によって、図1に示したように呼び名が変わります。大腸がんで最も多いのは直腸がんとS状結腸がんで、この2つで全体の半数以上を占めています。

 一般に、自分から見た大腸の右側(盲腸、上行結腸、横行結腸)に発生したがんでは、自覚症状が起こりにくく、慢性的な貧血や腹部のしこりに気づいて受診したことがきっかけで発見されるケースが多く見られます。血便などでは確認しづらいのは、大腸の右側では、便がまだ水分の多い状態で運ばれてくるため、がんができていても通過しやすくなっている上、肛門にいたるまでに距離があるので、がんによる出血が便に混ざり、わかりにくくなってしまうためです。

 一方、大腸の左側(下行結腸、S状結腸、直腸)に発生したがんでは、下血や血便、便秘や下痢、便が細くなるといった症状が現れやすくなります。

図1◎ 大腸がんの部位による名称と症状(大腸癌研究会編『患者さんのための大腸癌治療ガイドライン 2014年版』より)
自分から見た大腸の右側(盲腸、上行結腸、横行結腸)に発生したがんは自覚症状がなく、慢性的な貧血や腹部のしこりに気付いて受診したことがきっかけで発見されます。一方、大腸の左側(下行結腸、S状結腸、直腸)に発生したがんでは、下血や血便、便秘や下痢、便が細くなるといった症状が現れやすくなります。
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について