日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

その異常値、戻しましょう!~ STOP・メタボの12ステップ~

なぜ日本人には「やせの糖尿病」が多いのか?

第3章 What Is 糖尿病?-肉食が日本人を変えた

 塚崎朝子=ジャーナリスト

 昭和世代の庶民のヒーローと言えば、寅さんこと車寅次郎。『男はつらいよ』の主題歌にある、「目方で男が売れるなら、こんな苦労もかけまいに♪」というフレーズは、泣けます。
 2008年4月に導入された「メタボ健診」では、何とも屈辱的なことに、40~75歳の中高年男女は、有無を言わさず“痛くもない腹”を測られることになりました。男であれ女であれ、その価値は体重やウエストの大小では決められません。が、「内臓脂肪に生活習慣病が重なると、多くの病気が起こる」というメタボリックシンドロームの本質を捉え、適切な対処をしなくてはなりません。

 腰痛、花粉症、うつ病、認知症、がん…近年、日本人の“国民病”と呼ばれる病気が増えたような気がする。糖尿病も、予備群まで含めれば2050万人、予備軍こそ減少に転じたが、堂々たる資格を備えている(連載第1章「ヒトはなぜメタボになるのか―進化から読み解くメタボ」参照)。国民医療費39兆2117億円(2012年度)のうち、1兆2088億円が糖尿病に費やされている(*1)。

 さて、生活習慣病のドミノ倒し、内臓脂肪→メタボ→糖尿病というのは、よく知られたメインストリームだが、メタボだけに着目していると、罠にはまる。実は、日本人の糖尿病は、メタボでない人が約6割を占めている。

日本人の4割が糖尿病になりやすい体質あり

 BMI(*2)30以上の肥満は、肥満大国アメリカでは3人に1人該当するが、日本はわずか3%。にもかかわらず、糖尿病の発症頻度は米国と変わらない。関西電力病院院長で日本糖尿病協会理事長の清野裕氏は、「誰もが太った挙げ句に糖尿病を発症するわけではない。痩せていても油断は禁物」と語る。

 糖尿病をおさらいしておこう。血液中のブドウ糖をエネルギーとして取り込むためには、膵臓の膵島β細胞から分泌されるインスリンが不可欠だ。インスリンは血中の糖濃度を下げる唯一のホルモンなので、その働きが悪くなると血糖値が上昇する。それが持続した状態が糖尿病で、インスリンの分泌能力が低下するか、インスリンに対する細胞の感受性が悪化して発症する。

糖尿病の診断基準

1) 高血糖(空腹時血糖126mg/dL以上 または 随時血糖200mg/dL以上 または 75g経口糖負荷試験2時間値〔75gのブドウ糖を飲み2時間後に測定した血糖値〕200mg/dL以上)

2) ヘモグロビンA1c(HbA1c)6.5%以上

※血糖値、HbA1cともに上記条件に該当した場合、あるいは血糖値のみ該当し糖尿病の典型的な症状がある場合は糖尿病と診断。

※症状がなく、いずれかのみが該当する場合は、再検査を行って判断する(詳しくは日本糖尿病協会ホームページ記載の日本糖尿病学会の診断基準を参照)。

 糖尿病患者全体の1割弱は1型糖尿病で、本来生体を守るべき免疫機構が自分を攻撃する自己免疫の異常や、ウイルス感染によってβ細胞が破壊されて起こり、遺伝的素因が強い。一方、患者爆発が問題になっているのは、いわゆる生活習慣病としての2型糖尿病。こちらにも遺伝的素因がかかわっていて、そもそも日本人全体の4割が糖尿病になりやすい体質を持っている。素因が強い人は痩せていても発症し、素因があっても弱ければ、太ったりメタボになってから発症する。ということで、2型糖尿病を中心に話を進める。

 日本人のライフスタイル、とりわけ食習慣が欧米化してから50年余りしかたっていない。肥満人口も米国に比べればまだまだ少ないのに、糖尿病はなぜかくも多いのか。

 糖尿病の原因で槍玉に上がるのが炭水化物だが、それが原因と考えるのは早計だ。元々、日本人は、総摂取カロリーに占める炭水化物の割合が7~8割以上と高く、1950年代には1人1日当たり400g以上摂取していた。だが、今や200g台に下がっている。では、何が糖尿病を増やしているのか?

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について