日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

その異常値、戻しましょう!~ STOP・メタボの12ステップ~

認知症予防の切り札はメタボ克服にあり

第11章 認知症もがんも、メタボがリスクを加速する〔1〕

 塚崎朝子=ジャーナリスト

 昭和世代の庶民のヒーローと言えば、寅さんこと車寅次郎。『男はつらいよ』の主題歌にある、「目方で男が売れるなら、こんな苦労もかけまいに♪」というフレーズは、泣けます。
 2008年4月に導入された「メタボ健診」では、何とも屈辱的なことに、40~75歳の中高年男女は、有無を言わさず“痛くもない腹”を測られることになりました。男であれ女であれ、その価値は体重やウエストの大小では決められません。が、「内臓脂肪に生活習慣病が重なると、多くの病気が起こる」というメタボリックシンドロームの本質を捉え、適切な対処をしなくてはなりません。

 超高齢化の道をひた走る日本では、認知症患者は、2012年時点で462万人、“予備軍”とされる軽度認知障害(MCI)の400万人と合わせ、862万人に達する(厚生労働省研究班、代表研究者=朝田隆・筑波大教授)。これは65歳以上の高齢者の実に4人に1人に相当する数字で、10年以内に1000万人を突破することは確実だと見られている。この認知症も、実はメタボリック・シンドロームと浅からぬ関係がある。

メタボは血管性認知症の源流にあり、アルツハイマー病にも関係

メタボと認知症にも浅からぬ関係が…。(©lightwise-123rf)

 認知症には様々な種類があるが、半数以上を占めるのがアルツハイマー病、次いで約2割が血管性認知症、レビー小体型認知症と続く。

 血管性認知症は、脳卒中の後遺症で、神経の細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなって、その部分の神経細胞が死んでしまったり、神経ネットワークが壊れたりして生じる。メタボ→動脈硬化→脳梗塞という流れの結果として起こる病気なので、動脈硬化を促進する高血圧・糖尿病・脂質異常症、メタボなどの生活習慣病、そして喫煙が危険因子に挙がるのは、当然のことだ。メタボになると、血管性認知症の発症リスクは跳ね上がる。

 一方、アルツハイマー病も同様に、メタボが発症のリスクとなる。アルツハイマー病の患者の脳の中では、アミロイドβという蛋白質が過剰になって神経細胞に沈着していくために、神経原線維変化が起こり、神経細胞死を経て脳委縮が進行していく。

 アルツハイマー病に関連した遺伝子変異はいくつか発見されているが、最も関係が高いとされているのがapoε4だ。ApoE(アポリポ蛋白E)は主として肝細胞で産生され、全身の他の臓器へのコレステロールや脂肪酸の運搬に関与している。ApoEを決める遺伝子(対立遺伝子)にはε2ε3ε4があり、ε4の遺伝子数が増加するほど、より若くしてアルツハイマー病を発症し、発症率も高まる。日本では、約10人に1人はε4を有しているが、遺伝子診断をしないと、それは分からない。

 しかし、恐れるには及ばない。国立長寿医療研究センター副院長の荒井秀典氏は、「apoε4を持っていると、アルツハイマーになるリスクは2~4倍に上昇するとされる。しかし、その程度の差であれば、中年期(40~65歳)にしっかり運動するなどして、生活習慣病を退治すれば、アルツハイマー病発症も予防できる可能性がある」という。

 そう、apoε4と並び立つ危険因子こそは、生活習慣病、すなわち、メタボなのだ。メタボの上流にある、内臓脂肪から生じたインスリン抵抗性は、apoε4によるアミロイドβ集積を加速する。一方で、インスリン抵抗性から発症した糖尿病は脳内のインスリン・シグナルを低下させて、アルツハイマー病を進行させると考えられている。

 そして、はっきりしたメカニズムは分からないが、高血圧、脂質異常も、それぞれ独立して、アルツハイマーの危険因子になることが知られている。それらが複数重なったメタボならば、より強力なリスク因子になる。残念ながら、64歳以下で発症する若年アルツハイマー病は、より遺伝的要因が強いので、メタボとは関係が少ないが、圧倒的に多い高齢期のアルツハイマー病予防にとって、メタボ対策に勝るものはないのだ。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について