日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

名医が解説! 最新治療トレンド

高齢化で急増する、脳梗塞を起こす危険な「心房細動」

無症状だからと放置すると、ある日突然に…

 田中美香=医療ジャーナリスト

元気に過ごしていた人が、脳梗塞である日突然亡くなってしまう、あるいは半身麻痺になってしまう…こんな話を身近で耳にしたことのある人もいるだろう。循環器専門医で心臓血管研究所所長の山下武志氏は、その原因について「不整脈の一つ、心房細動によるものが増えている」と指摘する。怖いのは、本人が気づかないうちに病気が進んでいく点だ。脳梗塞から要介護状態に陥らないために、「まさか私が」から、「明日はわが身」へと発想の転換をした方がよさそうだ。

心房細動はなぜ増えている? なぜ脳梗塞を引き起こす?

心臓の病気から脳梗塞が起こるというのは、ピンとこない人が多いと思います。なぜ脳梗塞につながるのでしょうか。

山下 脳梗塞といえば、昔は高血圧から起こるものが有名でした。血圧の高い人は、脳梗塞を恐れて血圧をコントロールするようになり、その甲斐あって高血圧による脳梗塞はかなり減りつつあります。ところが、脳梗塞自体は減っていません。なぜかというと、別の原因による脳梗塞が増えている、それが不整脈の一つ、「心房細動」による脳梗塞です。

 心房細動は、一定のリズムで拍動するはずの心房が細かく不規則に動くため、心臓の中で血液がよどんで、血の塊(血栓)ができやすくなります。それが血流に乗り、脳の血管を詰まらせて脳梗塞を起こします(図1)。心房細動が原因で起こる脳梗塞は、高血圧によるものよりも重症で、半分以上の方が亡くなるか、半身麻痺で要介護状態に陥ります。リハビリテーションをしてもなかなか元には戻りません。無症状のことも多いため、前日まで元気だった人に、突然起こるというのが怖いところです。誰もが知っている有名人が、ある日突然、心房細動による脳梗塞に倒れたというニュースを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

図1◎ 心房細動で脳梗塞が起こる仕組み
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について