日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

名医が解説! 最新治療トレンド

タバコを吸わない人の肺がんが増加、その理由とは?

オプジーボに次ぐ新薬も登場、激変する肺がん診療の「今」

 田中美香=医療ジャーナリスト

肺がんで亡くなる人は、年間7万4378人(厚生労働省2015年人口動態統計)。患者数、死亡数ともに多いのが特徴だ。一方で、続々と新薬が開発されて生存期間が延びるなど、治療面では明るい兆しもある。どのような治療でどれほど治療成績が伸びたのか、期待の新薬の効果はどうなのか、順天堂大学医学部附属順天堂医院副院長・呼吸器内科学教授の高橋和久氏に聞いた。

図1 肺がん死亡率は、男性1位、女性2位で年々増えている
厚生労働省人口動態統計より
[画像のクリックで拡大表示]

肺がんは早期発見が難しく、死亡率が高い

肺がんの死亡率は、男性1位、女性2位と高い割合です(図1)。理由は何でしょうか。

高橋 肺がんの死亡率(人口10万人当たりの死亡数)が高い理由の1つは、早期発見が難しいことです。初診患者の中で手術できる人は30~40%に過ぎず、半数以上は手術できない進行がんの段階で発見されます。

 肺がんは、がん細胞の組織型の特徴から、小細胞がんとそれ以外のがん(非小細胞がん)に大きく分けられます。非小細胞がんには、腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんの3種類があります。これら4種類の肺がんには、症状が出にくいものと出やすいものがあります(図2)。扁平上皮がん小細胞がん喫煙者に多く、煙の影響を受けやすい肺の入口にできます。咳、息切れ、血痰などの症状が早くから出るので、受診につながりやすいがんです。

 一方、大細胞がんや、肺がんの約半数を占める腺がんは非喫煙者の割合が高く、できる場所は肺の奥です。早期から自覚症状があるのはまれで、かなり進行してから出ます。そのため、発見が遅れるのが難点です。

図2 肺がんの種類と特徴
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について