日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

名医が解説! 最新治療トレンド

増えている軽症のうつ病に「休職」は不要?

職場復帰率を高める「リワーク」プログラムも広がる

 田中美香=医療ジャーナリスト

うつ病は、気分が良くなったり沈んだりという変化が起こる「抑うつ障害群」の1つで、働き盛りの30代から高齢者に多い。患者数は約100万人だが(図1)、受診していない人を考慮すると潜在的な患者はかなりの数に上ると推測される。こうした状況に歯止めをかけるべく、企業でのストレスチェック制度が始まったのが2015年12月。約1年がたった今、うつ病の現状と今後の治療の方向性について、医療法人社団慈泉会理事長で東邦大学薬学部客員教授の渡部芳徳氏に聞いた。

うつ病の主流は重症から軽症へ、薬物療法は多剤併用から減薬へ

最近のビジネスパーソンに多いうつ病は、どのようなタイプなのでしょうか。

従来の「燃え尽き型」とは異なる、軽症のうつ病が増えている。(©Dmitriy Shironosov-123rf)

渡部 従来は、仕事をしすぎた中高年が、ある時燃え尽きて起きるうつ病が主流でした。原因がはっきりしないまま疲れがたまって集中力が落ち、何をやっても覇気がない状態が続きます。抗うつ薬を使って休養すれば回復しやすいのに、「責任があるから」と休もうとしません。かといって出勤しても仕事の効率が上がらない、これが従来のうつ病の典型です。

 一方で、企業の仕組みが年功序列から成果主義に変わってきた現在、増えているのは軽症のうつ病です

 これは一種の適応障害とも言えるもので、職場と本人の能力とのマッチングが悪いために生じます

 以前、入社まもなく重いノルマを課された新入社員を診たことがあります。挫折を知らないまま大学を卒業した優等生が、いきなり無茶な仕事を頼まれてうまく対処できずに、泣いて眠れず気分が落ち込んでしまう状況でした。本人の訴えは、不眠、憂うつなど、うつ病に見えるものばかりです。しかし、その人には薬を出さず、カウンセリングで話を聞くだけで終わりました。聞けばその人の職場は、同期入社の社員も泣くほどの理不尽な状況にあったそうで、こうした環境では誰だって気持ちがふさぐのは当然だったからです。典型的なうつ病と違って、このように原因が明確な軽症例が増えています

図1
「気分(感情)障害」とはうつ病、躁病、躁うつ病、その他の気分障害などの合計で、2014年は111万6000人に上った。(出典:厚生労働省 患者調査)
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について