日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

名医が解説! 最新治療トレンド

薬が効かないつらい「めまい」はリハビリで治す

効果期待できる平衡リハビリテーション

 稲垣麻里子=医療ジャーナリスト

突然、目の前がぐるぐる回転する。自分がふわふわ浮いているように感じて、よろめいて座り込む…。厚生労働省の国民生活基礎調査(平成25年)によると、めまいを訴える人の数は、約240万人に上り、近年増加傾向にある。一言で「めまい」と言っても原因はさまざま。めまいが起こるメカニズムや最前線の治療について、奈良県立医科大学附属病院耳鼻咽喉・頭頸部外科の山中敏彰医師に聞いた。

めまいは先進国に多い「文明病」

近年、めまいはなぜ増えているのでしょうか。

ストレス社会で増えているめまい。(©file404-123rf)

山中 めまいは先進国に多い病気で、「文明病」ともいわれています。原因としてよく言われるのは、現代社会における過度の「ストレス」です。絶えず変化する複雑な社会構造の中で競争を余儀なくされることによってストレスも増え、めまいも増えているのだと考えられます。

 もうひとつの原因としては高齢化が挙げられます。加齢により動脈硬化が進み、脳循環や神経機能、筋・骨格系運動機能も衰えてきます。それによってふらついたり、めまいを起こしたりするのですが、これを「異常」ととるのか「加齢による自然現象」ととるのかは難しいところです。いずれにしても高齢化が進めば、めまいを訴える人が増えてくるのは事実です。欧米や国内の疫学調査(*1)によると、65歳以上で大体25%がめまいを感じたことがあるといいます。

めまいのメカニズムを詳しく教えてください。

山中 人間の平衡感覚、つまりバランスを感じる感覚には大きく3つあって、一番大きい役割を果たすのが内耳にある「前庭(三半規管と耳石器)覚」、次に「視覚」、それから、関節や筋肉、靱帯、腱の動きによって生じる感覚である、「体性(深部)感覚」があります。

 通常、これらの3つの感覚からの平衡情報は脳に入って統合されるのですが、その組み立てがミスマッチだった場合にバランス調節機能が乱れます。このバランス調節機能の乱れを脊髄とか脳幹や小脳レベルで感じると「身体のよろめき(倒れそう)」になるのですが、それを大脳で感じると「めまい(目が回るようなくらくらとした感覚、物が揺れ動いて見える)」になります。めまいは自分が動いていないのに周りが動いているとか、自分の中が動いているように感じます。

*1 厚生労働省難治性疾患克服研究事業前庭機能異常に関する調査研究平成20年度 総括・分担研究報告書より

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について