日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

名医が解説! 最新治療トレンド

コレステロールと中性脂肪、どうすれば正常化する?

食事が効くもの、運動が効くもの…種類によって異なる対策

 田中美香=医療ジャーナリスト

日本の約206万人がわずらう脂質異常症(厚生労働省平成26年「患者調査の概況」)。偏った食事や運動不足などを原因とすることが多く、放置すれば動脈硬化から狭心症や脳梗塞を引き起こし、突然死に至りかねない。しかも自覚症状がないのが怖いところだ。まさかの事態が起こる前に、生活をどう改善すればいいのか、薬物療法はどのように進められるのか、帝京大学理事・名誉教授で同大学臨床研究センターセンター長の寺本民生氏に聞いた。

LDLは過剰になると動脈の壁に入り込む、HDLはそれを引き抜く

コレステロールには悪玉と善玉があるといいますが、どのような仕組みで脂質異常症が起きるのでしょうか。

寺本 コレステロールは脂質の一種で、人間の体の中で細胞膜や胆汁酸(消化液)、副腎皮質ホルモンや性ホルモン(男性ホルモン、女性ホルモンなど)の原料となります。つまり、人体を維持するのに欠かせない物質です。コレステロールには、悪玉のLDLコレステロール(以下、LDL)と善玉のHDLコレステロール(以下、HDL)があります。

 コレステロールの7~8割は、体内で合成されています。このうち悪玉のLDLは肝臓で作られ、血流により全身に送られて有効利用されていますが、過剰になると血中に溜まってしまいます。そうなると、行き場がないLDLは動脈の壁に入り込むしかありません。これが動脈硬化の原因となります(下図)

HDLコレステロールとLDLコレステロールの働き
悪玉のLDLと善玉のHDLのバランスが大切だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、善玉のHDLは小腸などで作られ、動脈に溜まったLDLを引き抜いて肝臓に回収する役割を果たします。動脈硬化においては、LDLが高すぎること、HDLが低すぎることのいずれもが問題になります。

 また、脂質の1つである中性脂肪も、増えると肥満脂肪肝の原因となり、動脈硬化を引き起こすので注意が必要です。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について