日経グッデイ

名医が解説! 最新治療トレンド

キスでも感染! 急増する梅毒、どう防ぐ・どう気づく?

出たり消えたりする症状を見過ごし、感染拡大を招く恐れも

 田中美香=医療ジャーナリスト

ここ数年、梅毒が急増している。1990年代は年間500人程度だった感染者は、2017年には6000人近くまで膨れ上がった。若い女性の感染も目立つようになり、これまでとは異なる傾向で感染が広がっている点も要注意だ。「偽装の達人」との異名を持つほど多彩な梅毒の症状や、予防のポイントについて、東京慈恵会医科大学教授の石地尚興氏に聞いた。

梅毒患者の6割は男性だが、20代女性も急増中

梅毒が増加していると聞きます。年齢や性別など、感染した人の傾向はありますか。

石地 梅毒は梅毒トレポネーマという細菌によって起こる感染症です。1990年代は、感染者は年間500人ほどだったのですが、ここ5年ほどは急増傾向にあり、2017年には5829人もの感染が報告されました。このうち、男性は3934人、女性は1895人で、6割以上を男性が占めています。2018年に入ってもその勢いは衰えず、第23週(6/4~6/10)時点で2752人が報告されています(図1)。

 近年、男性の占める割合は少しずつ減ってきており、女性の増加が目立っています。女性の中でも特に多いのは、20代です(図2)。

図1 梅毒感染者は急増している
出典:国立感染症研究所 感染症疫学センター(2017年のデータは2018年4月4日現在/2018年は第23週(6/4~6/10)時点の暫定値で2752人、男女の内訳は不明)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 年齢別に見ると、20代では女性の梅毒が多い
出典:国立感染症研究所 感染症疫学センター(2018年4月4日現在、暫定値の2017年データ)
[画像のクリックで拡大表示]

 梅毒がなぜ増加しているのか、なぜ若い女性に増えているのかは、まだ明らかではありません。セックスワーカーに多いともいわれますが、梅毒に感染する一般女性もいます。パートナーの男性が風俗店を利用したのかもしれませんが、詳しい感染経路までは断定しがたい状況です(*1)。

 来日する外国人が増えた時期と、梅毒が増えた時期が一致するため、外国人が感染源ではないかという説もあります。しかし、これも推測にすぎず、確かではありません。

*1 岡山市保健所が独自に行った調査では、異性間接触で梅毒に感染した男性の約7割が、数カ月以内に風俗店を利用していたという。また、女性は、梅毒感染者の4人に1人がセックスワーカーという結果だった。この結果を受け、岡山市では梅毒に関するリーフレットを作成するなど、注意喚起を行っている。関連記事:「男性の梅毒患者、7割超が風俗店を利用

梅毒は、多彩な症状が出たり消えたりする

梅毒に感染すると、どのような症状が出ますか。

石地 梅毒の主な感染ルートは性的接触で、梅毒トレポネーマが粘膜を介して感染します。症状は4段階に分けられます(表1)。

表1 梅毒の症状は多岐にわたる
第I期
(約3週間)
  • 陰部や口腔内・口唇にしこり(初期硬結)ができる
  • しこりが崩れると潰瘍になる(硬性下疳;こうせいげかん)
  • 脚の付け根のリンパ節が腫れる
第II期
(約3カ月~)
  • 手のひら・足の裏に暗赤色の発疹が出る(梅毒性乾癬、写真)
  • 全身にピンク色の発疹が現れる(バラ疹)
  • 陰部や肛門に平べったいイボができる(扁平コンジローマ)
  • 微熱、倦怠感がある
第III期
(3年~)
  • 皮膚や骨・筋肉にゴムのような柔らかい腫瘍ができる(ゴム腫)
第IV期
(10年~)
  • 中枢神経が侵される(神経梅毒)
  • 大動脈瘤など、心臓・血管の異変が起こり、死に至ることもある

 第I期では、感染した場所に小豆大のしこりが現れます。このしこりは、性行為で接触した陰部の粘膜にできるのが典型的です。オーラルセックスでも感染するので、唇や口腔内に現れることもあります。しこりが徐々に崩れてただれた状態(潰瘍)になると、梅毒トレポネーマが粘膜表面にたくさん存在するようになり、さらなる感染を起こしやすくなります。

 また、梅毒トレポネーマは陰部から入ることが多いため、陰部に近い太ももの付け根のリンパ節(鼠径リンパ節)が腫れるのも第I期の特徴です。

 第II期に入ると、皮膚の発疹やリンパ節の腫れなどの症状が全身に広がります。リンパや血液の流れに乗って、菌が全身に運ばれるからです。手のひらなどに現れる梅毒性乾癬(写真)や、陰部周辺の平べったいイボ(扁平コンジローマ)、ピンク色の発疹(バラ疹)のほか、微熱や倦怠感が出ることもあります。

写真 梅毒の症状例(第II期)
手のひらや足の裏に暗赤色の発疹が出る(梅毒性乾癬)(C)CDC / Robert Sumpter
[画像のクリックで拡大表示]

 第I期・第II期ともに、症状があっても痛くもかゆくもないため、まさか梅毒とは思わず放置することもあります。しかも、症状が出たり消えたり…という特徴ゆえ、「病院に行かずに治った」と楽観視する人もいるでしょう。そうやって病院に行くチャンスを逃し、気づかないうちに感染が拡大するのが梅毒の怖いところです。でも、症状が再び現れるとさすがに受診する人が多く、今は第III期以降に至る人はまれです。

梅毒トレポネーマの感染力はどのくらい強いのでしょうか。

石地 梅毒は、HIVよりは感染力が強いものの、空気感染で広まるはしか(*2)ほど強力ではありません。菌が存在する部位に接触さえしなければ、感染しにくいと考えられています。

 感染者が使ったタオルやコップを介して感染することは、理論上は可能性がゼロではありませんが、ほとんどないといっていいでしょう。お風呂も、感染者と同じ浴槽に入ったくらいでは感染しにくいと思われます。ただ、肛門周辺に症状が出ている人が座った風呂イスにすぐに座って肛門などの粘膜が接触すると、感染する可能性がないとはいえません。イスに座る前に、洗い流すようにすれば感染率は低くなります。

 梅毒が感染しやすいのは、粘膜症状のある第I期と、第II期、つまり早期の段階です。第III期以降は菌が減って感染力が落ちるので、早期のうちに治療することが大切です。

*2 はしか(麻疹)は強力な感染力を持つ。映画館や飛行機などの閉鎖された空間では、感染者と同じ空気を吸っているだけで感染が広がってしまう。

感染力が強い発症早期に治療を開始することが大切

インフルエンザの場合、感染直後に検査を受けても陰性になることがあります。梅毒に関してはいかがですか。

梅毒の検査が陽性になるのは感染の4週間後から。(c)Jarun Ontakrai-123RF

石地 梅毒にも、感染直後は検査で陽性にならない期間があります。梅毒のスタンダードな検査は、採血によって梅毒トレポネーマに対する抗体(*3)を調べる血清診断です。感染後に体内で作られる抗体の量(抗体価)が多ければ梅毒と診断しますが、陽性になるまでに感染から2~3週間かかります。抗体ができないうちは、検査を受けても陰性と判定されるのです。陽性になり始めるのは、早くても感染後4週以降です。

 でも、早期の梅毒は感染力が強いため、陽性になるのを待つ間にも、感染が広がるかもしれません。その対策として、検査が陰性でも、梅毒を疑う症状があれば治療に踏み切ることもあります。

梅毒はどのように治療するのでしょうか。

石地 ペニシリン系の抗菌薬(アモキシシリンほか)を1日3回内服します。治療期間は段階によって異なり、第I期は2~4週間、第II期は4~8週間にわたって薬を飲みます。

 問題は、飲み忘れがあること、そして、症状が治まると薬を中断する人が多いことです。しかし、海外ではこうした問題は起こりません。海外ではベンザチンペニシリンGという持続型ペニシリンの筋肉注射が主流で、1回の注射で治療が完結するからです。

 日本では、1950年代、この注射が原因でアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を起こし、ショック死した人がいたために使われなくなった経緯があります。しかし、海外では問題なく使われていて、今なお梅毒を内服薬で治療するのは日本だけです。最近になって日本でも梅毒患者が増えてきたので、ようやく筋肉注射の導入に向けて臨床試験を始める動きが出てきました。具体的な時期は未定ですが、数年後には使われるのではないでしょうか。

 梅毒は、いったん治っても、再感染して発病することがあります。梅毒の抗体があるからといって、免疫がつくわけではないのです。再感染しないよう、予防を徹底することが大切です。

*3 抗体とは、体内に入った菌やウイルスに抵抗するために作られる物質。抗体の量が多ければ、感染があった証拠となり、陽性判定となる。

パートナーへの感染を防ぐには、性交渉の最初からコンドーム着用を

梅毒の感染を防ぐには、やはりコンドームを使用することが第一でしょうか。

石地 口腔内に症状があれば、キスやオーラルセックスでも梅毒は感染します。例えば、のどの粘膜に症状がある女性が、コンドームなしにオーラルセックスをすれば、相手の男性が感染する確率は高まります。でも、性交渉の最初からコンドームを着用する人はおそらく多くないので、梅毒の予防は容易なことではありません。

 若い女性の梅毒が増えると、懸念されるのが先天梅毒の増加です。先天梅毒とは、胎盤を通して胎児が感染し、死産や早産、出生後の死亡、先天奇形などを起こすもの。かつては年間わずか数例だったのが、2016年には14例に増えています。若い女性に梅毒が増えれば先天梅毒も増えるため、歯止めをかけなければなりません。梅毒はキスでも感染するので、コンドームをつけても感染することがありますが、少しでも感染リスクを下げるために、性交渉の最初からコンドームを着用してほしいと思います。

まさか梅毒?と思ったら、何科を受診すればいいのでしょうか。

石地 皮膚科か泌尿器科、感染症内科などです。女性は婦人科でもいいでしょう。ただし、梅毒は年間に数百人しか報告されなかった時代があるので、「梅毒を診たことがない」という医師もいます。性感染症専門の医師なら必ず経験があるので、確実だと思われます。

 梅毒検査は、多くの保健所で、匿名かつ無料で受けられます。梅毒はHIVを併発することも多いので、HIV検査と合わせて、パートナーと一緒に受けてみてはいかがでしょうか。

石地尚興(いしじ たかおき)さん
東京慈恵会医科大学教授・同大学附属病院皮膚科診療副部長
石地尚興(いしじ たかおき)さん 1984年 京都府立医科大学卒業後、東京慈恵会医科大学大学院で単位取得。米国アイオワ大学病理学教室への留学後、1992年より東京慈恵会医科大学皮膚科講師。同大学附属柏病院診療部長、同大学助教授を経て、現職。ヒトパピローマウイルスによる感染症を専門とし、梅毒に関しては日本性感染症学会梅毒委員会委員長を務める。
編集協力:ソーシャライズ
病気の解説やその分野のトップレベルのドクターを紹介するWebサイト「ドクターズガイド」を運営。