日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

名医が解説! 最新治療トレンド

健康長寿を損なう肺の生活習慣病「COPD」

タバコが原因で肺の組織が破壊され炎症が起きる…禁煙で予防を!

 田中美香=医療ジャーナリスト

5月31日は世界禁煙デー。禁煙推進に向けた取り組みが功を奏し、日本の喫煙率はようやく19.3%まで下がってきた(2016年「全国たばこ喫煙者率調査」)。その一方で、喫煙を主な原因とする慢性閉塞性肺疾患(以下、COPD)は、今後も増加することが確実視されている。COPDとはどのような病気でどう治療するのか、東京大学医学部附属病院呼吸器内科科長の長瀬隆英氏に聞いた。

COPDは「肺の生活習慣病」

COPDとはどのような病気なのでしょうか。

タバコの煙を長期間吸い込むことで肺の炎症や破壊が起こる。一度壊れた肺の組織は元に戻ることはない。(c) Roberto Biasini-123rf

長瀬 COPD(慢性閉塞性肺疾患)は「Chronic Obstructive Pulmonary Disease」の略で、タバコの煙などの有害物質を長期間吸い込むことによって、肺の炎症や破壊が起こる病気です。以前は「肺気腫」「慢性気管支炎」などと呼ばれていましたが、今はまとめてCOPDと呼ばれています。喫煙や受動喫煙という生活習慣によって起こるため、「肺の生活習慣病」という異名を持ちます。

 COPDの主症状は、咳・痰・息切れの3つです。有害物質の影響で肺の組織が少しずつ壊れていくため、息を吐き出す力が弱くなり、気管支の炎症によって咳や痰が出てきます。これらの症状は、いずれも簡単に自覚できるように見えますが、発症早期の場合、意外と気づかないのが難点です。その理由は、車社会の発達や、バリアフリー化です。現代社会は、階段を上がらなくて済む、歩かなくて済むという生活スタイルになっているため、初期症状の「労作時の息切れ」を自覚する機会が減り、早期発見が難しくなっているのです。

便利な生活が病気を気づきにくくするとは皮肉なものですね。COPD はどのくらい増えているのですか。

長瀬 COPDは世界規模で増加しています。世界保健機関(WHO)によると、2030年には世界の死因の第3位に上がることがほぼ確実視されています(表1)。COPDは高齢化と喫煙歴、この2つの要素によって進行するため、高齢社会を迎えた日本では今後も増えると予測されます。喫煙率は徐々に下がってきましたが、喫煙してからCOPD発症までにかかる年月は30~40年。そのため、数十年先まではCOPDによる死亡が増えると予想されています。

表1
COPDによる死亡は、世界的に増えている(出典:WHO World Health Statistics 2008)
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について